HOME情報セキュリティ届出・相談・情報提供安心相談窓口だより

本文を印刷する

情報セキュリティ

安心相談窓口だより

第16-10-356-1号
掲載日:2016年 9月 29日
最終更新日:2016年 10月 24日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

安心相談窓口だより

偽警告で電話問い合わせへ誘導する手口の相談が月間200件に急増
~被害防止に向けたセルフチェック診断チャートを公開~

一覧を見る

安心相談窓口だよりでは本年6月21日に「“ウイルスに感染した”という偽警告(※1)」の手口について1度取り上げています。しかし、その後も依然多くの相談が継続して寄せられており(6月172件、7月126件、8月200件、9月266件)、かねてより相談件数の多い、ワンクリック請求被害に迫る勢いです(※2)。そこで偽警告の手口に対する被害の予防、および被害時の自己解決を容易にするセルフチェック診断チャート を新たに公開しました。

図1:ブラウザ閲覧中に突然警告音が鳴り、「Windowsセキュリティの重要な警告」というメッセージが表示される
図1:ブラウザ閲覧中に突然警告音が鳴り、「Windowsセキュリティの重要な警告」というメッセージ が表示される


また、8月以降、IPAに寄せられた相談から、警告画面に表示される電話番号として確認できたものは下記のとおりです。

警告画面に表示される電話番号(2016年10月24日現在)

03-4510-2310 03-4588-1468 03-4510-2484 03-4588-1340
03-4588-1412 050-5846-8249 050-5865-4046 050-5865-4085
03-4590-0762 03-4579-5585 050-5865-4072 050-5865-4094

 
(※1) 
“ウイルスに感染した”という偽警告でサポートに電話するように仕向ける手口に注意
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20160621.html
(※2) 
2016年1月~3月:606件、同4月~6月:641件
コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況[2016年第2四半期(4月~6月)]
3-2. 主な手口における相談員の対応件数
(i) 「ワンクリック請求」 より
https://www.ipa.go.jp/security/txt/2016/q2outline.html
Windowsセキュリティの重要な警告 Windowsセキュリティ&アンチウイルスサービスでエラーが発生しました。 フリーダイヤル お使いのシステムのオンライン診断結果 Windowsは、お使いのシステム上で可能な主要なレジストリの障害を検出した可能性があります。 詳細については、フリーダイヤル:050-5865-4054 で、カスタマーサポートにお問い合わせください。 050-5865-4054 のWindowsサポートにお問い合わせください。 個人情報露出発生リスクの可能性 クレジットカード情報や銀行情報。 電子メールのパスワード、その他のアカウントのパスワード 個人Facebook、Skype、AIM、ICQおよびその他のチャットログ プライベート/家族の写真やその他の機密ファイル ウェブカメラ、VPN、ウイルス、ストーカーによってリモートでアクセス すぐに問題を修正し、データの損失を防ぐためにフリーダイヤル:050-5865-4054 のWindowsサポートにお問い合わせください。

セルフチェック診断チャート

以下の「診断を開始する」をクリックした後に表示される設問に対して、該当する回答を選択してください。

更新履歴

2016年9月29日 掲載
2016年10月24日 9月に寄せられた相談件数を追記
『警告画面に表示される電話番号』の情報を更新

本件に関するお問い合わせ先

情報セキュリティ安心相談窓口
 Tel: 03-5978-7509 Fax: 03-5978-7518
 E-mail: 電話番号:03-5978-7509までお問い合わせください。
 技術本部 セキュリティセンター 渡辺(や) 野澤

※記載されている製品名、サービス名等は、各社の商標もしくは登録商標です。