HOME情報セキュリティ情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2018年第4四半期(10月~12月)]

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況[2018年第4四半期(10月~12月)]

第19-01-386号
掲載日:2019年1月31日

独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター
(PDFはこちら)

1. 情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況

1-1. 相談件数

今四半期に「情報セキュリティ安心相談窓口」に寄せられた相談件数は前四半期から約50.2%増の4,477件でした。そのうち、相談員による対応件数は3,105件でした。

図1-1:相談件数の推移
図1-1:相談件数の推移

1-2. 主な手口における相談員の対応件数

(i) 「ウイルス検出の偽警告」に関する相談

ウイルスを検出したという偽警告で不安を煽り、電話をかけさせてサポート契約やソフトウェア購入に誘導する「ウイルス検出の偽警告(*1)」に関する相談が今四半期は458件寄せられました。

前四半期から約18.7%増となっています。

図1-2:「ウイルス検出の偽警告」相談件数の推移
図1-2:「ウイルス検出の偽警告」相談件数の推移

(ii) 「ワンクリック請求」に関する相談

今四半期は、パソコンとスマートフォンを合わせた「ワンクリック請求」に関する相談が前四半期から約2.8%減の105件寄せられました。同相談のうち、スマートフォンを対象にした相談は前四半期から約15.2%減の53件でした。

図1-3:「ワンクリック請求」相談件数の推移
図1-3:「ワンクリック請求」相談件数の推移

(iii) 「不正ログイン」に関する相談

今四半期は「不正ログイン(*2)」に関する相談が前四半期の約66.2%増の113件寄せられました。

図1-4:「不正ログイン」相談件数の推移
図1-4:「不正ログイン」相談件数の推移

(iv) 「宅配便業者をかたる偽SMS」に関する相談

今四半期は「宅配便業者をかたる偽SMS(*3)」に関する相談が前四半期の約2.4倍の499件寄せられました。

図1-5:「宅配便業者をかたる偽SMS」相談件数の推移
図1-5:「宅配便業者をかたる偽SMS」相談件数の推移

(v) 「仮想通貨で金銭を要求するセクストーションメール」に関する相談

今四半期は「仮想通貨で金銭を要求するセクストーションメール(*4)」に関する相談が前四半期の約2.4倍の701件寄せられました。

図1-6:「仮想通貨で金銭を要求するセクストーションメール」相談件数の推移
図1-6:「仮想通貨で金銭を要求するセクストーションメール」相談件数の推移

 
(*1)
偽のセキュリティ警告によって有償の「ソフトウエア購入」や「サポート契約」をしてしまう相談が増加中
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20180718.html
(*2)
各種インターネットサービス(SNS、ショッピングサイト、クラウドサービス等)において、第三者にIDおよびパスワードを不正利用されたことに関する相談。
(*3)
宅配便業者をかたる偽ショートメッセージに関する相談が急増中
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20180808.html
宅配便業者をかたる偽ショートメッセージに関する新たな手口が出現し、iPhoneも標的に
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20181129.html
(*4)
性的な映像をばらまくと恐喝し、仮想通貨で金銭を要求する迷惑メールに注意
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20181010.html

アンケートのお願い

まもるくんからのお願い   よろしければ今後のサービス向上を図るため情報セキュリティ安心相談窓口における相談状況 [2018年第4四半期(10月~12月)]に関するアンケートにご協力ください。

アンケート画面へ

本件に関するお問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター
Tel: 03-5978-7591 Fax: 03-5978-7518
E-mail:
URL:https://www.ipa.go.jp/security/

更新履歴

2019年1月31日 掲載

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。