情報セキュリティ

ひろげよう情報セキュリティコンクール

本コンクールは、情報セキュリティをテーマとした作品制作を通じて、全国における児童・生徒等の情報セキュリティに関する意識醸成と興味喚起を図ることを目的として開催しています。応募作品は一般国民への情報セキュリティ啓発のため、活用します。

コンクールについて

本コンクールは、情報モラル・セキュリティを全国の児童・生徒等に広める場として2006年に始まりました。
第1回目は標語部門のみの開催でしたが、後にポスター部門、4コマ漫画部門をはじめとした部門が加わり、第18回目(2022年度)のコンクールは、標語・ポスター・4コマ漫画・書写・活動事例の5部門で開催し、応募総数61,962点の作品の中から延べ365点の作品を表彰しました。
第19回目(2023年度)のコンクールより、名称を「ひろげよう情報セキュリティコンクール」に改め、標語・ポスター・4コマ漫画・活動事例の4部門で開催します。
過去のコンクールに関するデータは、「応募統計データ」よりご覧いただけます。

情報セキュリティって何?なぜ、重要なの?

「情報セキュリティ」とは情報の機密性(注釈1)・完全性(注釈2)・可用性(注釈3)が維持されていることを言います。
情報社会の発展により、私たちの生活の利便性が飛躍的に向上した一方で、一人一人が情報セキュリティを身につけていることが必要不可欠となりました。本コンクールへの参加により、全国の児童・生徒等の情報セキュリティに関する意識が醸成され、興味を持つきっかけとなることを期待します。

  • (注釈1)機密性
    • ある情報について、許可された人だけがアクセスできる状態を言います。
      例えば、SNSの自分のアカウントへのログインは、IDとパスワードを知っている自分だけがログインできる状態が担保されている必要があります。
  • (注釈2)完全性
    • ある情報について、正確で完全な状態であることを言います。
      例えば、SNSで自分が友達へ送ったメッセージは、第三者に改ざんされることなく、友達へ届く必要があります。
  • (注釈3)可用性
    • ある情報について、アクセスが認められていれば、十分に使用できる状態を言います。
      例えば、自分のスマートフォンの電源を入れてロック解除した場合、スマートフォンに保存した写真は正常に見ることができる必要があります。

お問い合わせ先

IPAひろげよう情報セキュリティコンクール事務局

  • E-mail

    ipa-contest-infoアットマークipa.go.jp

お問い合わせは、メールで受け付けます。お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

更新履歴

  • 2024年5月21日

    ひろげよう情報セキュリティコンクールサイト、リニューアルしました。