HOME社会基盤センター報告書・出版物・ツールツール・教材STAMP向けモデリングツールSTAMP Workbench

本文を印刷する

社会基盤センター

STAMP向けモデリングツールSTAMP Workbench

2019年2月19日更新
2018年3月30日公開
独立行政法人情報処理推進機構
社会基盤センター

概要
特徴
動作環境
マニュアル
ダウンロード
ライセンス
サンプルファイル
ソースコード
STAMP Workbenchに関するお問い合わせ先、STAMP情報連絡先

IPAからのSTAMP情報の連絡を希望される方やSTAMP Workbenchをダウンロードされた方、ソースコードを利用された方は下記メールアドレスへご連絡ください。
各種お問い合わせも同じく下記メールアドレスまでお願いいたします。
IPA 社会基盤センター
E-mail:

メールの件名に以下のいずれかを記載して区分をつけていただきますようお願いいたします。
件名:「STAMP情報連絡希望」、「ダウンロード利用」、「ソースコード利用」(複数該当する方は、該当する区分をすべてご記載ください)

*本ツールをダウンロードされた方やソースコードを利用された方は、ツールに関する情報を提供する可能性があります。

*日本で開催されるSTAMPワークショップや、今後の構築が検討されているSTAMP Workbenchのコミュニティに関する情報などについて、IPAからの情報発信を計画しています。

*頂いた情報は上記目的のみに利用しそれ以外の目的に使用することはございません。

英語版のSTAMP向けモデリングツール STAMP Workbenchはこちらへ

概要

 IPAは、大規模・複雑化するシステムに適した安全解析手法STAMPの導入を容易にするモデリングツールSTAMP Workbenchを無償公開しました。
 STAMP Workbenchはオープンソースソフトウェアです。ソースコードの改編、再配布、商用利用も可能で、改編版ソースコードの開示義務もないライセンスを適用しました。
 STAMPによる安全解析作業を効率化します。手間のかかる図表の修正作業は自動化され、分かりやすい識別番号の採番・振り直しも自動化されます。

 人は思考に専念することができます。STAMPは「強制発想手法」と呼ばれるように分析の途中で自由な発想を引き出します。STAMP Workbenchを用いれば、新たに得た発想を容易に図表に反映できるので、思考を中断することなく分析を継続できます。

特徴

産業界で使えるSTAMPに特化したモデリングツール
これまでSTAMPのモデリングツールは、分析結果を清書するのみであったり、研究途上の手法を明示化するものであるなど、STAMP自体を研究する研究者向けのものしかありませんでした。本ツールは産業界で広く活用されることを目的に開発されたものです。

STAMP専用の作業手順や用語、表記法を知らなくても安全解析ができる
初心者でもツールが提供するガイドに従って作業をしていけば、STAMP理論に基づいた安全解析を始めることができます。また一般的にモデリングツールを活用するには、SysMLやUMLのようなモデル表記ルールや用語を習得しなければなりませんが、本ツールの利用には、特別な用語や表記方法の知識も不要です。

定型の単純作業は可能な限りツールで自動化。分析者が思考を深められる
STAMPの安全解析作業のためには、作画ツールで解析に必要な図を作成した後、その図を見ながら表作成ツールで何枚もの表を作成する必要があります。そのため、図を変更したり、分析視点を変更したりすると、変更に対応する図や表の変更箇所をすべて矛盾なく修正する必要があり、膨大な作業で疲弊してしまうという課題がありました。本ツールでは、手間と時間がかかり、ミスをしやすい図表の修正作業を自動化しました。これにより、分析者は面倒な作業から解放され、安全解析のための思考を深めることができるようになります。

普及目的のため無償で公開し、ソースコードもオープンソースとして公開
一般的にモデリングツールは非常に高価なものになりますが、今回IPAが無償公開することにより、STAMPに関心をもつ企業にとってはSTAMPを導入しやすくなります。さらに開発対象分野や、会社/部門によって必要となる機能を利用者自身が最適化できるよう、ソースコードもオープンソースとして公開します。

動作環境

- Windows
OS Windows 10, 8.1 (32bit, 64bit)
プロセッサ 1.4GHz以上のプロセッサ
メモリ 2GB以上 (4GB以上推奨)
ハードディスク 400MB以上の空き容量(Javaおよび STAMP Workbench インストールと動作に必要な容量)
モニタ 解像度 1024x768 ピクセル以上
Java Oracle Java 8 Update 161以降
Javaは STAMP Workbench インストーラに同梱されています。システム要件以外のJava環境上の動作は、動作保証対象外となります。

マニュアル

STAMP Workbenchマニュアル

動画でSTAMP Workbenchの使い方を紹介しています

※動画が再生できない場合はこちら別ウィンドウで開く(Youtube)

ダウンロード

■インストーラー(実行形式)
 インストールと起動方法はこちら
 ・【64ビット用】stampworkbench-1_0_1-bcc4c6-jre-64bit-setup.exe(105MB)
 ・【32ビット用】stampworkbench-1_0_1-bcc4c6-jre-32bit-setup.exe(103MB)

■インストーラー(zip版)
 ・セットアップ方法 PDF文書(334KB)
 ・【64ビット用】stampworkbench-1_0_1-bcc4c6_64bit.zip(126MB)
 ・【32ビット用】stampworkbench-1_0_1-bcc4c6_32bit.zip(124MB)

STAMP Workbenchは下記の構造になっており、ダウンロード対象には、IPAが開発した範囲の他に、既存モデルベース開発支援ツールのプラットフォームが同梱されています。STAMP Workbenchご利用前に同プラットフォームの使用許諾条件もご参照ください。

IPAが提供するSTAMP Workbenchを改変(機能追加など)せずにそのままご利用される方は、上記の実行形式インストーラー(またはZip版インストーラー)をダウンロードし、インストール(またはZipファイルを展開してセットアップ)してください。既にコンパイル&リンクした実行形式のソフトウェアがインストールされますので、すぐにSTAMP Workbenchをご利用いただけます。


*本ツールをダウンロードされた方は下記メールアドレスへご連絡ください。
IPA 社会基盤センター
E-mail:
なお、メールの件名に以下の区分をつけていただきますようお願いいたします。
件名:「ダウンロード利用」

*変更版適用(Version up)について
 既にSTAMP Workbench をご利用の方がVersion upされる場合は、旧versionを一旦削除してから新versionをインストールしてください。
 ・実行形式インストーラーでVer.1.0.0をインストールされた方
   Ver.1.0.0を一旦アンインストールした後に、Ver.1.0.1をインストールしてご利用ください。
 ・zip版でVer.1.0.0をインストールされた方
   Zipを展開して利用していたVer1.0.0のフォルダを削除した後に、Ver.1.0.1のzipファイルを展開してご利用ください。

 旧versionをアンインストールあるいはフォルダ削除しても、旧versionで行った設定内容は新versionに自動的に引き継がれます。

ライセンス

ご利用前にお読みください。

STAMP Workbench利用許諾
 STAMP Workbenchは2条項BSDライセンスのもとに利用許諾します。

Copyright © 2018 IPA
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

  1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer
  2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT HOLDER OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
https://opensource.org/licenses/BSD-2-Clause別ウィンドウで開く

astah 利用許諾

http://astah.change-vision.com/platform/license.html 別ウィンドウで開く

「STAMP Workbench」はIPAの登録商標です[登録第6121191号]

「STAMP Workbench」の名称およびロゴが、他の人に商標登録されることによって、本ツール利用者との間でトラブルになるリスクを回避するため、IPAが本ツールの名称およびロゴを商標登録しました。
「STAMP Workbench」の名称およびそのロゴは、本ページからダウンロードし、変更を加えていないソフトウェアにのみ使用できます。「STAMP Workbench」に関連するサービスや、本ページからダウンロードした「STAMP Workbench」のソースコードを改編してビルドした派生版ソフトウェアに「STAMP Workbench」の名称およびそのロゴを使用することはできません。

サンプルファイル

 STAMP Workbenchで安全解析したサンプル(.stmpファイル)です。STAMP Workbenchを使い始めるときのテンプレートとしてもご利用いただけます。

エアバッグ.zip(9.04KB)
とりこ検知.zip(12.4KB)
倒立二輪車.zip(15.1KB)
踏切制御システム.zip(11.8KB) 踏切制御システム.zipの英語版はこちらへ

ソースコード

stamp-project.zip(2.14MB)
ビルド方法(358KB)
開発者向けマニュアルPDF文書(2.5MB)

IPAが提供するSTAMP Workbenchに対して、利用される方ご自身で機能追加や仕様変更などを行う場合、上記ソースコードをダウンロードし、目的のソースコードを変更/追加/置換などして、実行形式ソフトウェアをビルド(=コンパイル&リンクして実行形式のソフトウェアを構築)することができます。上記「ビルド方法」には、コンパイル方法やビルドツールがリンク時に参照すべきライブラリー等(ライブラリーにはSTAMP Workbenchが使用している既存モデルベース開発支援ツールのプラットフォーム(バイナリーのみ公開)が含まれます)の指定方法などを具体的に記載しています。尚、ソースコードの改編の仕方によってはビルド方法に変更が発生する可能性もあります。利用される方ご自身で実行形式ソフトウェアをビルドする際は、上記「ビルド方法」を参考情報としてご利用ください。

*本ツールのソースコードを利用された方は下記メールアドレスへご連絡ください。
IPA 社会基盤センター
E-mail:
なお、メールの件名に以下の区分をつけていただきますようお願いいたします。
件名:「ソースコード利用」

更新履歴

2019年2月19日 ソフトウェアのビルド情報を追加しました。
ソースコードから実行形式ソフトウェアを構築するための手順説明を追加。
ビルドツール用設定ファイル等のビルド情報をソースコードツリーに追加。
2018年10月1日 Ver.1.0.1に更新しました。
制御コードを含むデータの保存処理改善:STAMP Workbench上で入力されたテキストを保存する際のエスケープ処理に、未対応の制御コード(XML 1.0 仕様で扱えない制御コード)への対応を追加。
2018年4月17日 STAMP Workbenchに関するお問い合わせ先を追加しました。
英語版サンプルファイルへのリンクを追加しました。