ドローンの運用コンセプト(ConOps)に関する調査報告

2022年12月14日

ドローンの運用コンセプト(ConOps※1)に関する調査報告を公開します

背景・目的

ドローン・空モビリティの社会実装に向けたアーキテクチャ設計にあたっては、ドローンの運航管理システムの運用コンセプトを明確にし、安全な運用にあたっての機能・サービスに関する要求事項を整理する必要があります。DADCは海外で取り組まれているドローン運航管理システムの運用コンセプトに関する文書である、米国のFAA※2が発行するUTM※3 ConOps,、欧州のCORUSプロジェクト※4が発行する U-space※5 ConOpsを調査し、比較・考察しました。このたび、日本国内のドローン・空モビリティに関わるステークホルダの皆様に対して、諸外国においてドローンをどのように運航しようとしているかをご理解いただけるように調査内容を公表いたします。ステークホルダの皆様の事業検討・技術検討の一助になれば幸いです。

ドローンの運用コンセプト(ConOps)に関する調査報告

  1. Part1 FAA UTM ConOpsについてpdf(PDF:2.16MB)新しくウインドウが開きます
  2. Part2 U-space ConOpsについてpdf(PDF:2.05MB)新しくウインドウが開きます
  3. Part3 FAA UTM ConOps とU-space ConOpsの比較と考察pdf(PDF:1.57MB)新しくウインドウが開きます

※1 ConOps = Concept of Operation:運用コンセプト
※2 FAA= Federal Aviation Administration:アメリカ連邦航空局
※3 UTM = Unmanned Aircraft System Traffic Management System:ドローン運航管理システム
※4 CORUS プロジェクト= 欧州における運航管理システムの運用コンセプトを開発するプロジェクト
※5 U-space = 欧州におけるドローンや空飛ぶクルマの運航管理システム


本件に関するお問い合わせ

IPAデジタルアーキテクチャ・デザインセンター
E-mail:メールアドレス