HOME社会基盤センター報告書・出版物・ツール事業成果(報告書等)「2018年度組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査」事業
「組込み/IoTに関する動向調査」の調査結果を公開

本文を印刷する

社会基盤センター

「2018年度組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査」事業
「組込み/IoTに関する動向調査」の調査結果を公開

最終更新日:2019年4月11日
2019年3月27日公開
独立行政法人情報処理推進機構
社会基盤センター

 IPAは、組込み/IoT産業の実態や課題を把握するとともに、今後、取り組むべき施策の立案に活用することを目的として、組込み/IoTに関するアンケート調査を実施しましたので、その調査結果を公開します。

アンケート対象者 組込み/IoTシステム関連企業の経営層または事業部門責任者
アンケート実施期間 2018年11月~2019年2月
調査票の配布数 2,544部
回収数 311件
有効回答者数 307件

調査結果の概要

 組込み/IoT産業における開発において、依然として設計品質や開発能力の向上に対する課題意識が高く、技術者の確保とスキル向上等が解決策として挙げられています。AIやデジタルトランスフォーメーション(DX)などの新たな取り組みについては、中小企業よりも大企業の方が意識が高く、比較的取り組みも進んでいるという結果が出ています。また、技術者不足に対しては、即戦力人材の獲得とともに人材の再教育にも力を入れていることが分かりました。

主な集計結果

 組込み/IoTに関わる開発の課題では、「設計品質の向上」を最も重視する回答が多くなっています。3番目までの合計でみると「開発能力(量)の向上」、「技術トレンドへの対応(IoT、ビッグデータ、AI等)」も課題意識が高い傾向にあります。一方、「セーフティ・セキュリティの確保」を上位に挙げる回答は多くありませんでした。

図1 図1:開発の課題(調査報告書P.38)

 最も課題とされる「設計品質の向上」の解決策としては、「技術者のスキル向上」が最も多いという結果になりました。3番目までの合計で見ると「開発手法・開発技術の向上」、「管理手法・管理技術の向上」も解決策として有効と考えられています。

図2:課題「設計品質の向上」の解決策 図2:課題「設計品質の向上」の解決策(調査報告書P.40)

 今年度調査から、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みについても尋ねました。デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む目的として、「新ビジネスの創出」が他の目的に比べて圧倒的に多いという結果になりました。「世の中のトレンドへの対応」も多く、「顧客・主要取引先からの要求」とともに、市場からの期待が大きいことがうかがえます。

図3:デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む目的 図3:デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む目的(調査報告書P.34)

 IoT/AI/DXへの取り組みの有無については、IoT、AI、DXの全てに「あり」との回答が2割弱、いずれか2つに「あり」が4割弱、いずれか1つに「あり」が3割弱で、全体の8割以上で何らかの取り組みが見られます。

図4:IoT/AI/DX各取り組みの有無の関係 図4:IoT/AI/DX各取り組みの有無の関係(調査報告書P.12)

 IoTの取り組みは事業規模によらず広く進んでいるように見受けられますが、AIの取り組みとデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みは、いずれも大企業の方が進んでいることがうかがえます。

図5:IoT/AI/DX各取り組みと事業規模 図5:IoT/AI/DX各取り組みと事業規模(従業員数、調査報告書P.14)

 現在の技術者の人数と、不足している技術者の人数を尋ねたところ、現状の技術者、不足している技術者とも「10人未満」という回答が6割前後を占め、経年で見ても傾向に大きな変化はありませんでした。

図6:組込みソフトウェア技術者の人数、不足している人数 図6:組込みソフトウェア技術者の人数、不足している人数(経年比較、調査報告書P.61)

 人材不足に対する施策としては、「中途採用/ヘッドハンティングの活用」が目立ちます。3番目までの合計で見ると「大学・教育機関等との連携強化(新卒採用等)」、「今いる人材の再教育、スキルチェンジの強化」が多い傾向にあり、即戦力へのニーズが高い一方で、人材の再教育に力を入れていることもうかがえます。

図7:人材不足に対する施策 図7:人材不足に対する施策(調査報告書P.70)

ダウンロード

更新履歴

2019年4月11日 「組込み/IoTに関する動向調査」調査報告書のWord版と「組込み/IoTに関する動向調査」調査報告書(データ編)のPowerPoint版を公開しました。