HOME社会基盤センターデータ利活用の推進

本文を印刷する

社会基盤センター

データ利活用の推進

 内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室、経済産業省と連携して官民データの利活用を促進するためのIMI情報共有基盤事業を推進しています。

情報共有基盤(IMI)

 IMI(Infrastructure for Multilayer Interoperability:情報共有基盤)は、電子行政分野におけるオープンな利用環境整備に向けたアクションプランの一環で、データに用いる文字や用語を共通化し、情報の共有や活用を円滑に行うための基盤です。文字情報基盤と共通語彙基盤により、行政サービスの相互運用性向上を図っています。

データの相互運用性向上

「データの相互運用性」を切り口に、ガイドを公開しています。このガイドでは、誰がどのようなデータをどう保有しているかという情報が社会全体として伝わりやすくなり、取引または交換されたデータを誰もが自分のデータ資産と組み合わせて活用できる意義、そしてそのために官民データ活用社会の参加者に求められる考え方と手順を紹介します。

調査活動

 「地方自治体の情報システム調達に関する調査結果」の情報を公開しています。