デジタル人材の育成

未踏ターゲット事業について

最終更新日:2024年2月1日

未踏ターゲット事業について

未踏ターゲット事業のロゴ

未踏ターゲット事業は、革新的な次世代ITを活用して世の中を抜本的に変えていけるような先進分野について、基礎技術や領域横断的技術革新に取り組むIT人材に対し、支援を行う事業です。研究開発が進む新たな技術プラットフォームを用いる分野、数学等の専門性を必要とする分野等のなかから事前にテーマを定め、そのテーマに取り組む人材を募集し、プロジェクトマネージャーや関連する企業・大学等と連携して育成、支援を行います。採択者は、自らが提案するテーマの実現を目指すプロジェクトを通して、自身の能力の向上を図ります。

公募情報

現在、「2024年度未踏ターゲット事業(量子コンピューティング技術を活用したソフトウェア開発分野)」「2024年度未踏ターゲット事業(リザバーコンピューティングを活用したソフトウェア開発分野)」の公募を行っています。

2024年度未踏ターゲット事業(量子コンピューティング技術を活用したソフトウェア開発分野)

2024年度未踏ターゲット事業(リザバーコンピューティングを活用したソフトウェア開発分野)

公募受付期間

応募書類の提出受付

2024年3月13日(水曜日)12時00分(正午)

未踏ターゲット事業のメリット

未踏ターゲット事業には、次のようなメリットがあります。

先進技術をリードする専門家による指導

育成期間中、先進技術の専門家がプロジェクトマネージャー(PM)として支援します。PM(プロジェクトマネージャー)は、対象分野におけるトップランナーです。経験、実績ともに豊富なPM(プロジェクトマネージャー)によるバックアップは、あなたの開発テーマをより高みに導きます。

ともに切磋する同期たちとの絆、得がたい人脈との交流

PM(プロジェクトマネージャー)、同期の仲間、OB・OG、有識者等が参加する合宿などを開催し、ディスカッションできる機会を提供します。

プロジェクト推進費用を支援、知的財産権は採択者に帰属

採択者とIPAの間で委託契約を締結し、活動実績に応じてプロジェクト推進費用を支援します。

過年度情報