公募結果未踏IT人材発掘・育成事業:2014年度採択プロジェクト概要(笹川PJ)

本文を印刷する

未踏IT人材発掘・育成事業:2014年度採択プロジェクト概要(笹川PJ)

最終更新日:2014年9月25日

1.担当PM

 石黒 浩PM
 ・大阪大学 大学院基礎工学研究科 システム創成専攻 教授(特別教授)
 ・ATR石黒浩特別研究室室長(ATRフェロー)

2.採択者氏名

 チーフクリエータ:笹川 真奈 (お茶の水女子大学 理学部 情報科学科)

3.採択金額

 2,304,000円

4.テーマ名

 電車で効率よく座るための支援アプリケーション

5.関連Webサイト

 なし

6.申請テーマ概要

 忙しく働く人にとって電車で座って休息が取れるか否かは、極めて重要な問題である。しかし、電車に乗った順番通りに座れるかどうかはわからない。自分よりも後に電車に乗ってきた人が、たまたま早く降りる人の席の前に立っていて、自分よりも先に座席に座ってしまう場面が多々ある。電車に乗った時に、早く降りる人がどこに座っているのかが分かり、その人の席の前に立つことができれば、そのような場面はなくなるはずである。
 本プロジェクトでは、この先の駅で降りる人を探し出し、席に座れるチャンスを高めるアプリケーションを開発する。本アプリケーションは、自分の近くにもうすぐ降りる人がいるかどうかをBluetooth等の通信機能を用いて検索し、それを知らせる、スマートフォン上での利用を想定したアプリケーションである。
 本アプリケーションのバックエンドとして、電車に乗っている人がどの駅で乗降するかの情報を、日々自動的に蓄積するサーバを実現する。本アプリケーションのフロントエンドであるスマートフォンアプリケーションでは、その蓄積された情報を利用して、ユーザの周辺にもうすぐ電車から降りる人がいるかどうかを、スマートフォン上でわかりやすく提示する。バックエンドのサーバ、蓄積されたデータを、本アプリケーションのユーザが誰でもアクセス、更新できるようにすることで、誰がどの駅で降りるのかのデータを、本アプリケーションのユーザ全てで、より新しく正確なものに作り上げていけるようにする。
 本アプリケーションを実現することで、通勤中の電車内でのストレスを軽減することが期待される。

7.採択理由

 日常の何気ない欲求を満たす機能を持つアプリケーションであるが、そこから、誰も が使える新しいアプリケーションを生む可能性がある。提案者の意欲も発想力も十分にあると思われる。
 ただし、提案するアイデアが機能するかどうか十分に検証できておらず、実証実験を 繰り返しながら、機能の実現方法や普及のさせ方を十分に考察していく必要がある。

更新履歴

2014年9月25日 2014年度採択プロジェクト概要(笹川PJ)を掲載しました。