HOME未踏/セキュリティ・キャンプ2010年度 採択案件概要

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

2010年度 採択案件概要

1.担当PM

 原田 康徳PM(日本電信電話株式会社 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員)

2.採択者氏名

 チーフクリエータ:今門 研爾(フリーランス)

 コクリエータ:なし

2.採択金額

 1,792,000円

3.テーマ名

MVCアーキテクチャを採用したWAFを使う開発を補助するEmacs拡張の開発

5.関連Webサイト

 なし

6.申請テーマ概要

 近年、増加傾向にあるModel View Controllerアーキテクチャを採用したWebアプリケーションフレームワークを使った開発において、コードを書くという生産的な作業以外に費やされている時間は無視できないものである。
たとえば、コントローラーから呼び出されるモデルへ、モデルから対応するコントローラーへ、コントローラーから最終的に描画されるテンプレートへ、といったファイル間の移動など何度も繰り返される動作である。また、それらの動作は各種フレームワークに共通する動作でもある。

 本プロジェクトでは、上で述べた共通点を抽象化することによって、以下に挙げるWebアプリケーションフレームワークを使ったプロジェクトの開発補助を実現するEmacs拡張を開発する。

・ Perl
  - Catalyst
  - Amon
  - Ark
  - Kamui
・ Python
  - Django
・ PHP
  - Zend Framework
  - CakePHP
  - Symfony

 加えて、本プロジェクトでは以下の開発も行う。
・ ユーザーにストレスを感じさせないインタフェース
・エディタ拡張の専門知識が無いプログラマが簡単に機能拡張することのできるエディタ拡張システム
・エディタ固有のユーザインタフェースと開発補助のための本質的な処理が適切に分離された再利用性のあるエディタ拡張システム

 また、日本語および英語のドキュメントの作成に加え、日本語と英語の2ヶ国語でのインストール・使い方の高品質なチュートリアルビデオを制作することにより、全てのユーザが本プロジェクトの成果物を簡単に利用できるようにする。

 私は利用者の生産性を上げることを目標に、Emacs拡張を数年間に渡り開発してきた。
本提案では、それらの開発を通じて得た全ての知見や経験を活かし、確実に利用者の生産性を高める成果物を作り上げる。
そして、その成果物が利用者を幸せにするものになると信じている。

7.採択理由

 数多くのWAFを抽象化しプラグインの形で、Emacsの拡張を行うシステム。ローカルなWebサーバをバックエンドとして行うことで、エディタの作業とは非同期に様々に有用な処理をさせることができる。提案書では、完成するであろうものがわかりやすくコンパクトにまとめられているが、今門君の場合、せっかくの未踏ユースなので、どんどん脱線してまったく想定しなかったようなシステムに発展させて欲しい。

 このアーキテクチャにはいろんな可能性があるし、今門君はそれを発見できるセンスを持っていると思う。

未踏/セキュリティ・キャンプ