HOME未踏/セキュリティ・キャンプセキュリティ・キャンプ事業セキュリティ・キャンプ全国大会2021オンライン 前回レポート

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

セキュリティ・キャンプ全国大会2021オンライン 前回レポート


ご応募ありがとうございました。


セキュリティ・キャンプ全国大会2021 オンライン 選考通過者 決定!

前回レポート /セキュリティ・キャンプ全国大会2020

開催概要

開催日  
2020年10月18日(日)〜12月6 日(日)
開催場所 
オンライン
開講コース
選択コース 4トラック
集中コース 4トラック
参加者数 
選択コース 42名(男性33名、女性9名)
集中コース 43名(男性38名、女性5名)
参加者属性
大学62名、専門学校8名
高等専門学校8名、高等学校7名
参加者年齢
16歳〜22歳(平均年齢:20歳)
プログラム
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2019/zenkoku2020_program_timetable.html

セキュリティ・キャンプ全国大会2020に参加した感想

全国大会2020に参加された受講生の感想をご紹介します。


大学生 男性 Aさん
私は今回のセキュリティキャンプのz3トラックに応募しました。その上で、追加募集によって選択講義を受講することもできました。 今回は初のオンライン開催で従来の短期合宿方式ではなく週末に開催する形となったそうですが、私にとってはこの形式でも有意義な時間を過ごすことができたと考えています。 特に、集中コースは土曜日、選択コースは日曜日という時間分けをすることで、追加で応募時には取っていなかった方を受講することができるということはとても良かったと思います。 従来の形式では、このようなことはできなかったのではないかと思いました。その上、集中コースはプロダクトを作る形式なので、講義ごとに1週間という時間があるおかげで、 特にプログラムの実装や予習などを好きな時間に余裕を持って取り組むことができました。

大学生 男性 Bさん
私はキャンプに参加して、物凄い刺激がありました。 キャンプの関係者達は全員素晴らしい人たちばかりで凄い技術を持った人たちばかりが集まっており、見るものすべてに驚かされました。 私が受けたZ4ゼミでの講義では講師の方に大変お世話になり、頭が上がらないです。 私が質問や自分の考え方の提示を図々しく行ったのにも関わらず、講師の方は丁寧に忙しいのにすべて教えてくださり、 さらにそれ以外にも実装のコツやここをこうした方がいいと思うと言ったようなプロの方からの助言も頂くことが出来てもう本当に感謝しきれません。

大学生 男性 Cさん
今回はオンラインで,講師やチューター方々や他の受講生と一緒に直接あって話したりできなかったのは残念でしたが, 自己紹介の時間の後に居残りで一部の講師やチューターの方や他の受講生と会話する機会がありとても楽しかったです. ただ顔出しをしていないと言うこともあり,一緒にグループワークをした人たちや一緒に講義を受けていた人たちと自分の力不足もありあまり 仲良くなれなかったのは少し残念です.オンラインでも楽しめたので,来年はオフラインになってかつ自分もどのような形ででもいいので参加させていただければ嬉しいなと思ってしまいます.

大学生 女性 Dさん
今年はオンライン開催ということで初の試みに際して、協議会の方々や講師の方など、運営に携わる皆さんが積極的に最大限尽力してくださっていることが節々で感じられ、とても感謝しています。 参加者の中でもdiscordを活用したり、twitterを活用して繋がりを作ろうと工夫しているのを見ていて、環境に不満を言うだけではなくて自ら解決方法を見つけ出そうとしていく姿が素晴らしいなと思っていました。やはり参加者の方々は皆さん優秀だなとも感じました。 自己紹介タイムのあとに話したい人たちで残って、様々なトラックや分野に関する話を聞けたこともありました。とても楽しかったです。 少し困ってしまう状況も、工夫次第で改善されるなと実感した時間でした。

大学生 女性 Eさん
参加が決まってから講義までの間に予習課題があり、その課題を行うことによって講義当日ほとんど困らない知識や環境を整えることができました。 予習課題の多さと難易度に驚き少し妥協をしてしまおうかとも考えたときもありましたが、初日の講義で予習課題を行なっていなければわからなかったこと、 難しくて進めなかったところが多々あったので、これはやらないとまずい、やらなければと奮起しました。講義によっては、予習内容を完全に理解しきれないところ、 予習課題を理解しても講義に追いつけないところなど、大変なことが多々ありましたが、オンラインならではの、また後から振り返ることができるという環境はとても良かったです。 講義が終わってから何度か動画で振り返ることによって、理解できたこと納得できたことが多くありました。

高専生 男性 Fさん
僕は、高専1年生のときにセキュリティキャンプを知り、それ以来ずっと参加してみたいと思っていました。しかし、当時の自分にとって応募課題はとても難しいものであり毎年、 「今年中に力をつけて来年こそは応募するぞ」と思っていました。そして今年応募してみて実際に参加が決まり、その時はとても嬉しかったです。 参加が決定し、講義が始まる前までずっと「講義についていけるだろうか」「今の実力で大丈夫なのだろうか」という不安がありました。しかし、 実際に講義が始まるとその不安はすぐになくなりました。どの講義も資料や講師の方の説明がわかりやすく、毎週新たな知識を得ることができ、非常に楽しく良い時間が過ごせたと思います。

未踏/セキュリティ・キャンプ