HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏アドバンスト事業:2021年度実施プロジェクト概要(西尾・杉崎PJ)

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏アドバンスト事業:2021年度実施プロジェクト概要(西尾・杉崎PJ)

最終更新日:2021年7月5日

1.担当PM

原田 達也
 ・東京大学 先端科学技術研究センター 教授

2. 採択者氏名

西尾 萌波(東京大学 医学部医学科)
杉崎 嵐(ハヤテインベストメント株式会社 経営企画部)

3.契約金額

10,000,000円

4.プロジェクト名

生体データに基づき個人に最適化する乳幼児向け音楽推薦サービスの開発

5.関連Webサイト

なし

6.実施プロジェクト概要

 子供には個性があり、より良い発達・成長のための最適解はそれぞれ異なる。故に、育児は子供一人一人に最適なソリューションを選定するプロセスであると言える。本提案では、バイタルデータを入力とした自動最適化システムの開発を通じてこのプロセスを自動化し、スマート育児を実現する。これによって、育児負担の軽減、育児と仕事の両立支援、引いては少子化の克服に貢献する。
 初手として開発するMothereaseでは、一人一人の幼児の泣き止み・寝かしつけに有効な音楽・音声の自動最適化アルゴリズムを開発する。バイタルデータを元に幼児の状態を推定し、これをフィードバックとして推薦アルゴリズムを学習させることで、言語能力に乏しく意思表示不能な乳幼児への自動最適化を初めて実現する。

7.採択理由

 本プロジェクトは、バイタルデータを計測できるセンサやスマートホンで撮影される動画を通じて乳幼児の状態を推定し、乳幼児の入眠を促す音楽等を再生することで、育児負担の軽減を目指したプロジェクトである。適切な子育ては乳幼児の個性や状況に大きく依存するため、自動最適化の概念を導入することでこの課題を解決し、スマート育児を実現するところに本プロジェクトの特色がある。少子高齢化時代における育児支援といった社会的問題に挑戦するだけではなく、乳幼児向けの最適な音楽推薦システムといった他にはないシステムを構築する点からも未踏性が高いと考える。従って、本プロジェクトは未踏アドバンストに相応しいと考え採用と判断した。

更新履歴

2021年7月5日 2021年度実施プロジェクト概要(西尾・杉崎PJ)を掲載しました。

未踏/セキュリティ・キャンプ