HOME未踏/セキュリティ・キャンプ未踏事業未踏アドバンスト事業:2017年度採択プロジェクト概要(大嶋PJ)

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

未踏アドバンスト事業:2017年度採択プロジェクト概要(大嶋PJ)

最終更新日:2017年7月28日

1.担当PM

 漆原 茂(うるしばら しげる)
 ・ウルシステムズ株式会社 代表取締役社長
 ・ULSグループ株式会社 代表取締役社長

2.採択者氏名

 大嶋 泰介(Nature Architects株式会社 代表取締役CEO)
 秋吉 浩気(株式会社VUILD design & management 代表取締役)

3.採択金額

 7,000,000円

4.テーマ名

 計算的弾性体を社会実装するためのプラットフォームの実現

5.関連Webサイト

 なし

6.申請テーマ概要

 「計算的弾性体(力学的メタマテリアル)」は、あらゆる素材の幾何形状を加工することで弾性特性・変形特性が制御された物質として注目されている。
 本プロジェクトでは、計算的弾性体の変形・弾力特性をデジタルに設計・製造するための情報技術を確立し、プロダクト・建築・Stretchable Electronicsに応用するためのプラットフォームを構築する。
 また、事業化に向けて、想定するユーザに試作段階のプラットフォームを試用提供し、ユーザからのフィードバックを元に本プラットフォームで製造可能な製品の潜在需要を洗い出し、具体的なビジネスモデルを構築する。

7.採択理由

 世界に先駆けて計算的弾性体という新しい技術分野をリードしており、極めて未踏らしい内容です。それに賭けるメンバーの熱い想いも十分で、これまでに見たことのない未来を予見させるプロジェクトです。
 一方であまりにも斬新すぎるあまり、市場の開拓とビジネス展開の難易度は極めて高いと思われます。今回の採択を経て、本格的なビジネス展開への足がかりを築きたいと思います。

更新履歴

2017年7月28日 2017年度採択プロジェクト概要(大嶋PJ)を掲載しました。

未踏/セキュリティ・キャンプ