HOME産業サイバーセキュリティセンター事業内容のご案内責任者向けプログラム 業界別トレーニング

本文を印刷する

産業サイバーセキュリティセンター

責任者向けプログラム 業界別トレーニング

事業内容

 産業サイバーセキュリティセンターでは、業界に特化した責任者クラス向け短期プログラムを提供しています。
本トレーニングでは、仮想企業を想定した実践的演習の形式で、 CISO、CIOに相当する役割を担っている方に限らず、サイバーセキュリティ戦略に関係する責任者クラスとしてIT部門、生産部門、事業企画部門などの統括責任者及びマネージャークラスの方、またセキュリティ、システム、ネットワーク運用管理責任者といった皆様に、規制、体制、人材、技術等の様々な観点から、業界別に企業が直面するサイバーリスクへの対応について熟議をしていただきます。

 業界別に考慮すべきセキュリティ要件・安全性要件を織り込んだディスカッションを行うことで、サイバーセキュリティ戦略を基にどのような対策をとるべきか、また海外進出時の関連する海外の規制・法律についての対応などを学ぶことができます。

本トレーニング受講によって次のアウトカムが得られます。

  • 責任者クラスが理解・認識すべきサイバーセキュリティ課題の把握
  • 仮想企業を想定した実践的演習による自社とのギャップ分析(自社のサイバー対策の成熟度の把握)
  • 受講者同士の人脈、サイバーセキュリティ専門家・有識者との人脈形成
  • 国内外規制動向の把握、ベストプラクティスの把握
  • 海外事例の把握
  • リスクシナリオの蓄積

これまでの内容について