HOME産業サイバーセキュリティセンター中核人材育成プログラム

本文を印刷する

産業サイバーセキュリティセンター

中核人材育成プログラム

平成30(2018)年度 産業サイバーセキュリティセンター 第二期中核人材育成プログラム 受講生募集要項

※第2期中核人材育成プログラム 受講生募集は修了いたしました。

「産業サイバーセキュリティセンター」では、将来、企業などの経営層と現場担当者を繋ぐ中核人材を担う方を対象とした「第二期中核人材育成プログラム(平成30年7月開講)」の受講申込を開始します。 社会インフラ・産業基盤のサイバーセキュリティ対策の強化をテーマに、テクノロジー(OT・IT)、マネジメント、ビジネス分野を総合的に学ぶ1年程度のトレーニングで、開始当初3ヶ月の初歩的なレベル合わせからハイレベルな卒業プロジェクトまで実施します。受講者が自社に近い環境での演習を体験できるよう、各業界のシステムを想定した模擬システムを使用します。また、海外のトップレベルのセキュリティ対策のノウハウの獲得等を目的に、海外関連機関との連携トレーニングを実施します。

【お申込み方法】
「第二期中核人材育成プログラム受講要領」P4の「5.お問い合わせ先」に記載の連絡先に受講希望の旨をご連絡ください。IPAから企業の担当の方へ「応募申込書」のフォームをメールにてお送りいたします。下記の期日までに「応募申込書」に必要事項を入力し、メールにてご返送ください。

【応募申込書ご提出期限】
2018年2月9日(金)

【書類審査結果について】
ご提出いただいた応募申込書について審査を行います。3月初旬ごろまでに、応募された方全員に書類審査結果をメールまたはお電話でご連絡いたします。なお、書類審査を通過された方には、申込書、誓約書(実施規定を厳守する旨)、ご本人様確認のための証明書のコピー等の必要書類を提出していただきます。また、身体機能に障害のある方は、その障害の程度に応じ、受講開始後の学修に際して配慮をしますので、応募に先立ち、事務局にお申し出ください。
受講開始までのスケジュールについては、「第二期中核人材育成プログラム受講要領」P4の4.②をご参照ください。

※状況に応じて追加募集を行う可能性があります。

中核人材育成プログラム 過去年度

 【2017年度】

中核人材育成プログラム 修了者コミュニティ

中核人材育成プログラムを修了した後も、修了者によるコミュニティ(OB会)において、プログラムを通じて培った修了者の人的ネットワークを活かしながら、サイバーセキュリティに関する知見を活かした所属企業、産業界、社会への貢献も視野に入れて、様々な活動を行っています。

中核人材育成プログラム 卒業プロジェクト

受講生が中核人材育成プログラムの最後に取り組む卒業プロジェクトは、業界のあるべき姿と現状のギャップを分析して対応を行うことと、1年間のプログラムで学んだ技術や人脈を業界の課題に当てはめていくことを主眼としています。