HOME国家資格「情報処理安全確保支援士」制度登録セキスペの方々へ

本文を印刷する

国家資格「情報処理安全確保支援士」制度

登録セキスペの方々へ

最終更新日:2021年8月2日

■重要なお知らせ

情報処理安全確保支援士に受講が義務付けられた講習を定められた期間内に修了しない場合は、違法な状態となり、情報処理の促進に関する法律 第十九条第二項に基づき経済産業大臣から情報処理安全確保支援士の登録を取り消され、又は名称の使用の停止を命ぜられることがありますので、ご注意ください。

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)に登録された方向けの情報です。

更新について

情報処理安全確保支援士の登録に更新制が導入されました。更新制導入の目的は、サイバーセキュリティに関する最新の知識・技能の維持のみならず、欠格事由に該当していないかなど、情報処理安全確保支援士としての資格を有しているかを改めて確認することで、情報処理安全確保支援士制度の信頼性向上を目指すものです。

  • 登録の有効期限は、登録日から起算して3年となります。
  • 登録更新申請は、更新期限の60日前までに行う必要があります。
  • 登録更新申請を行うためには、毎年の受講が義務付けられている講習を全て修了する必要があります。
  • 登録更新申請において、更新手数料はかかりません

【2019年4月登録者の初回更新例】

更新例の説明図

更新に関する具体的な手続きの方法は「更新の手引き」を、更新に必要な様式は「申請書類一覧(更新申請) 」をご確認ください。

各登録日における更新と講習受講サイクルについては、次の早見表をご覧ください。

情報処理安全支援士ポータルサイトへのログイン

2021年5月12日に[情報処理安全確保支援士 公開システム]を機能拡張し、[情報処理安全確保支援士ポータルサイト]としてオープンしました。検索サービスで公開しているプロフィール編集やログイン時のパスワード変更などの従来の機能に加え、情報処理安全支援士が受講する講習情報などの最新の情報を提供します。
ぜひご活用ください。

※ログインID及び初期パスワードは、登録されたご自宅住所宛に簡易書留でお送りしています。公開システムのログインID、パスワードが送付された方は公開システムのログインIDおよびパスワードにてログインください。

  • 登録年月日が2018年4月 1日までの登録セキスぺ:2018年6月29日に発送しました
  • 登録年月日が2018年10月1日以降の登録セキスぺ:登録証に同封します

講習受講について

登録セキスぺの方は、共通講習(オンライン講習)を毎年、実践講習(「IPAが行う実践講習」または「民間事業者等が行う特定講習」のいずれか)を3年に1度受講していただく必要があります。
【講習の全体像】、【講習の受講サイクル】および【講習実施主体と講習運営者】は、次のとおりです。

【講習の全体像】

講習の全体像

【講習受講サイクル】

講習受講サイクル

【講習実施主体と講習運営者】

講習実施主体と講習運営者

(*1)講習運営者は講習ごとに異なります。詳細は、次をご参照ください。

(*2)一定の条件を満たしている講習として、経済産業大臣が定めた講習です。下記「実践講習について」の「2 民間事業者等が行う特定講習」をご参照ください。

共通講習(オンライン講習)について

共通講習(オンライン講習)は、登録日または更新日から起算して1年に1回受講することが義務付けられています。

1 受講のお申込み
登録月(4月または10月)に、講習の受講お申し込みやお支払い等について、講習運営者からメールでご案内いたします。
メールに記載されている申し込み要領に従って手続きを行ってください。

(注)登録申請時にご指定された「電子メールアドレス1」を主な宛先、「電子メールアドレス2」を予備の宛先とします。メールを受信できるよう、設定等を確認してお待ちください。
なお、メールアドレスを変更する場合は、「登録内容の変更などのお手続き」に基づき、所定の手続きを行ってください。

登録・更新時期および申込対象講習により、講習の申込先が異なりますのでご注意ください。

オンライン講習運営と対象者

2 講習修了証および講習修了証明書について
共通講習(オンライン講習)を修了した場合、講習の課程を修了したことを証する講習修了証を交付します。
講習修了証の交付
講習修了証は、講習修了日の翌月末を目途に特定記録郵便で発送します。
配送時に住所変更などの理由で送付できなかった場合、再送費は受取人の負担となります。
また、講習の受講実績は、講習修了後1ヵ月程度を目途に「検索サービス」に反映されます。

講習修了証明書の発行
講習修了証を紛失したなどで講習の修了を証明する書類がなくなった場合は、IPA指定の書式による申請及び交付手数料(証明書1通につき700円)をお支払いいただくことで「講習修了証明書」を交付することが可能です。
(講習修了証の再発行はできません。)
ご希望の場合は、申請書類一覧をご確認の上、申請を行ってください。

3 注意事項
受講期限までに修了しなかった場合の受講費用の返金や期限超過後への学習状況の繰り越しは行えませんので、ご注意ください。

実践講習について

実践講習は、登録日または更新日から起算して3年に1度受講することが義務付けられています。
実践講習は、「IPAが行う実践講習」または「民間事業者等が行う特定講習」のいずれかを選択して受講することが可能です。

1 IPAが行う実践講習について
IPAが行う実践講習は、講習運営事業者が運営します。(講習運営者一覧pdf(151KB)

1-1 受講のお申込み
受講手続きにつきましては、登録・更新時期に応じて順次メールでご案内しております。講習運営事業者の案内に基づき、お申込みください。

1-2 講習修了証および講習修了証明書について
講習修了証の交付、講習修了証明書の発行については共通講習(オンライン講習)の場合と同様です。
上記「共通講習(オンライン講習)について」の「2 講習修了証および講習修了証明書について」をご覧ください。

1-3 注意事項
受講期限までに修了しなかった場合の受講費用の返金や期限超過後への学習状況の繰り越しは行えませんので、ご注意ください。

2 民間事業者等が行う特定講習
特定講習を選択して受講する場合についてご案内します。

2-1 受講の流れ
特定講習を受講する際は、講習実施機関に直接お申し込みの上、ご受講ください。
特定講習の受講実績については、講習実施機関からIPAに報告されます。

特定講習として経済産業大臣が定める講習については、下記のページをご確認ください。

2-2 お問合せ
特定講習の内容や受講手続き等に関してご不明な点は各講習実施機関にお問合せ下さい。

徽章(バッジ)の貸与について

登録セキスペのブランド確立とその意義を広く社会にアピールするためのブランディング戦略の一環として、登録セキスぺロゴマークをもとにデザインされた徽章(バッジ)を貸与しております。
登録セキスぺの方は、仕事の機会等において着用することが可能です。

徽章"徽章"
【貸与条件】
次の条件を全て満たす方に徽章(バッジ)の貸与を行います。
  1. 申請時点で、情報処理安全確保支援士として登録されている方
  2. 徽章の貸与を受けていない方
  3. 情報処理安全確保支援士徽章利用規約に同意し、遵守できる方
【申請方法】
  1. 徽章貸与申請書に必要事項を入力または記入してください。
      ※貸与手数料2,970円(税込)の金融機関への振込を証明できる書類の貼付をお願いします。
  2. 申請書類を簡易書留でIPAまで郵送してください。
申請書到着後、不備等なければ1か月以内を目安に徽章を送付いたします。
なお、本徽章は貸与のため、資格を喪失された場合には、速やかに徽章をIPAへご返却ください。
送料は発送者負担になります。詳細は「徽章の手引き」をご参照ください。
貸与に関する具体的な手続きの方法は「徽章の手引き」を、必要な様式は「申請書類一覧 」をご確認ください。

ロゴマーク利用の手続き

登録セキスペのロゴマークの利用方法については、下記のページをご確認ください。
ロゴマーク利用方法

登録内容の変更などのお手続き

登録セキスぺの方で、氏名、住所、連絡先などに変更が生じた場合や、登録証の再交付、登録消除をご希望の場合は、申請書類一覧をご確認の上、IPAに申請を行ってください。
なお、講習受講に関するご案内は登録されたメールアドレス宛にお送りしますので、変更があった場合は遅滞なくお手続きください。

倫理綱領

「情報処理安全確保支援士 倫理綱領」は、サイバーセキュリティ分野において業務を遂行する際に規範となるものです。
登録セキスペは「情報処理安全確保支援士 倫理綱領」を遵守し、業務を行う必要があります。