インキュベーションラボの

取り組み

インキュベーションラボの取り組み

Society5.0 の実現を目指して、社会や産業構造のアーキテクチャ設計に向けた推進すべき候補となるテーマを民間から募集し、各種支援を実施します

お知らせ


インキュベーションラボとは

 インキュベーションラボとは、DADCが取り組むべき、ソフト・ハードに限らず、制度・ルールも含む社会や産業構造のアーキテクチャのアイデア(テーマ)を、その実現に関心のある民間企業等から募集する枠組みです(図1)。


図1 インキュベーションラボの取り組み


 技術、制度、ビジネス等に関する外部有識者で構成された会議で、DADCが採択すべきテーマを審査し決定します。それを提案した民間企業等の組織を中心に、DADCの支援で産官学の関連機関や専門家等の協力を得ながら、半年間を基本に活動します(図2)。
 活動後、アーキテクチャ設計の本格活動に進むかは、上記の有識者会議による終了審査で判定されます。判定の結果、DADCで本格的なアーキテクチャ設計に進めるべきと認められた場合、提案組織の活動意思と、デジタル市場基盤整備会議での承認により、DADCにおけるアーキテクチャ設計の本格活動に移行します。


図2 アーキテクチャ策定から実用化検証・普及までの流れ(イメージ)

インキュベーションラボにおける活動内容とDADCによる支援内容

 インキュベーションラボでは、アイデア(テーマ)を提案した民間企業等やそれに関連する組織等からのメンバーが中心となり、アーキテクチャ設計に向けて、以下の活動を行います。

  • 目指すべきゴール、提案したアイデア(テーマ)のもたらす社会的な価値、その実現のために必要となる技術、対象となる産業領域、ステークホルダーの整理・構造化
  • そのための対象分野の国内外の技術、ビジネス、規制等の検討状況の整理
  • アーキテクチャ設計の試行
  • 継続的議論のためのアクションプラン・展開方法の具体化 /等

 活動の中で、DADCは以下を支援します。

  • 対象分野の関連企業、有識者、関連省庁等との議論の場の設定
  • アーキテクチャ設計に関連する海外動向等の基礎調査の支援や議論の場の設定
  • アーキテクチャ設計試行の支援 /等

インキュベーションラボで募集するテーマ

 インキュベーションラボのテーマ選定にあたっては、下記の視点で評価選定を行う予定です。
 DADCの特徴である、(A)サイバー・フィジカルの融合(CPS)、(B)異分野連携、(C)制度やルールを含むガバナンス改革、も下記視点に含まれています。

  • 日本の生活者の利便性向上に寄与し、かつ市場拡大の可能性が見込めるか
  • Society5.0 の実現に寄与し、分野横断的かつ社会的課題に対するソリューションとしての展開が見込めるような、CPSを前提とした生活や産業の新たな基盤に関する課題・テーマであること

  • 産業の国際競争力の強化につながるか
  • 市場の国際化が加速し、我が国産業の競争力の強化あるいは産業構造の再定義が必要とされている分野であること

  • 多分野の様々なプレーヤーが関与し、標準等を決めることで効果があるか
  • 複数の規制当局や既存、新規の産業界のプレーヤー、コアとなるユーザー等のステークホルダー及びそれぞれの考え方の多様性が高く、アーキテクチャの設計により課題の解決が見込めるもの

  • 単なるアプリケーションではなく、インフラやルールの形成に寄与し、横展開可能か
  • ルール・規制の再設計や社会のガバナンスの再定義等も解決手段として想定されること


お問合せ先

本件に関するご意見・お問い合わせは以下の連絡先へお寄せください。

IPAデジタルアーキテクチャ・デザインセンター 菊地、大石、纐纈
E-mail:メールアドレス