HOME国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」とは

本文を印刷する

国家資格「情報処理安全確保支援士」制度

国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」とは

登録セキスペロゴマーク   サイバー攻撃の急激な増加により、企業などにおけるサイバーセキュリティ対策の重要性が高まる一方、サイバーセキュリティ対策を担う実践的な能力を有する人材は不足しています。そこで、サイバーセキュリティに関する実践的な知識・技能を有する専門人材の育成と確保を目指して、国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」制度が創設されました。
  登録セキスペは、サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を活用して企業や組織における安全な情報システムの企画・設計・開発・運用を支援し、サイバーセキュリティ対策の調査・分析・評価やその結果に基づく指導・助言を行います。

新着情報

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度について

  制度の目的・全体像と、登録後に発生する義務などをご案内しています。

詳細はこちら

登録セキスペになるには

  登録資格の取得方法、登録手続きなどをご案内しています。

詳細はこちら

登録セキスペの受講する講習について

  登録セキスペの義務の一つである講習について、その内容と実施状況などをご紹介しています。

詳細はこちら

登録者公開情報・活用企業・資料ダウンロードなど

  登録セキスペに関する公開情報です。登録者公開情報、活用企業のインタビュー、制度説明リーフレットや関連セミナー情報などをご案内しています。

詳細はこちら

登録セキスペの方々へ

  登録に関する各種手続きや、講習の詳細、ロゴマーク利用方法などをご案内しています。

詳細はこちら

よくあるご質問・お問合せ

  よくあるご質問とお問合せ先を掲載しています。

詳細はこちら

申請書類一覧

  IPAに提出する各種申請書のフォーマットをダウンロードできます。

詳細はこちら