HOME国家資格「情報処理安全確保支援士」制度申請書類一覧

本文を印刷する

国家資格「情報処理安全確保支援士」制度

申請書類一覧

最終更新日:2021年10月15日

各種申請書類のご案内です。記載要領をご参照の上、必要書類を揃えて登録・講習グループ登録係宛に申請を行ってください。

新規登録申請

様式は次の4点です。
最後に「登録申請チェックリスト」を用いて、書類が揃っていることをご確認の上郵送してください。

1)様式
2)記載要領
3) 備考
・登録申請書は、PCで各項目を入力できる、入力内容チェック機能の付いたPDFファイルです。
入力に伴い自動的にQRコードが生成されます。
※PC入力に必要な環境:
WindowsまたはMac OSのPC(スマートフォンやタブレットは不可)で、Adobe Acrobat Reader DCをインストールしていること。
Adobe Acrobat ReaderAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードはこちら別ウィンドウで開く
・登録日(4月登録の場合は4月1日、10月登録の場合は10月1日)以降順次、ご登録住所宛に「登録証」を簡易書留で郵送します。
情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)として登録したことを証明する書類となりますので、大切に保管してください。
また、登録証に記載された登録番号は、講習を受講する際に必要となります。
※配達時に受取人が不在の場合は、郵便局で一時保管され、保管期間を過ぎるとIPAに戻されます。
再送費用は受取人の負担となります。
領収書の発行をご希望される方は、領収書発行について領収書発行について(Word:38.1KB) 領収書発行について(PDF:151KB)をご確認の上お手続きください。

情報処理安全確保支援士に登録後、次に該当する状況となった場合は、経済産業省へ届け出てください。

【経済産業省 省令内容】
情報処理安全確保支援士又はその法定代理人若しくは同居の親族は、当該情報処理安全確保支援士が精神の機能の障害を有する状態となり、情報処理安全確保支援士の業務の適正な実施が著しく困難となったときは、経済産業大臣にその旨を届け出るものとする。この場合においては、その病名、障害の程度、病因、病後の経過、治癒の見込みその他参考となる所見を記載した医師の診断書を添付しなければならない。

連絡先)経済産業省 商務情報政策局 情報技術利用促進課 03-3501-2646

変更等の各種申請

IPAが行う講習に関する申請

IPAが行うオンライン講習及び実践講習の、講習修了証明書の交付をご希望される場合の申請書類です。

1)様式
2)記載要領
3)備考
  • 講習の申し込み手続きについては、IPAまたは講習運営事業者からご案内します。
    詳細は講習運営者一覧pdf(PDF:164KB)をご参照ください。

徽章(バッジ)の貸与に関する申請

徽章(バッジ)の貸与に関する申請書類です。

1)様式
  • 新規貸与をご希望される場合の申請書類
    徽章貸与申請書 徽章貸与申請書(Word:30KB)徽章貸与申請書(PDF:53KB)
  • 徽章の紛失・汚損等により再貸与をご希望される場合の申請書類
    徽章再貸与申請書 徽章再貸与申請書(Word:30KB)徽章再貸与申請書(PDF:61KB)
2)記載要領
3)注意事項

送付先など

書類送付先
必要書類を封筒に入れ、簡易書留でお送りください。

【封筒の表書き】
〒113-6591 東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成センター 国家資格・試験部
登録・講習グループ登録係宛
宛名ラベルpdf

【封筒の裏書き】
差出人の住所、氏名

申請書受理及び結果通知
新規登録申請の場合は、申請書類の到着後1ヵ月程度を目途に申請を受け付けた旨をメールにてお知らせします。
IPAからの郵送物がある場合も、受け付け後1ヵ月を目途にお送りします。

留意事項
IPAから確認のメールを送らせていただきます。
フィルタリング設定をしている場合は、「ipa.go.jp」ドメインのメールを受信できるようにしてください。

個人情報の取り扱い
独立行政法人情報処理推進機構 IT人材育成センター 国家資格・試験部 登録・講習グループは、新規登録申請および登録更新申請によって取得した個人情報を、本制度を確実かつ円滑に実施、及び改善する目的で使用し、適切に管理します。
申請に係る手続きにより取得した事項は、登録事項の確認・変更、講習の周知、登録証・講習修了証の発送、登録更新申請の手続き、本制度の改善などを目的とした調査、経済産業省への報告などの必要業務のみに利用します。
又、その業務を外部の事業者に委託することがあります。委託する場合は、当該委託先と個人情報の取扱いに関する契約などを行うとともに、個人情報の安全管理が図られるよう適切な管理監督を行います。
個人情報保護についての詳細は プライバシーポリシーをご参照ください。