HOME情報セキュリティ「2020年度情報セキュリティに対する意識調査【倫理編】【脅威編】」報告書

本文を印刷する

情報セキュリティ

「2020年度情報セキュリティに対する意識調査【倫理編】【脅威編】」報告書

掲載日 2021年3月4日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター セキュリティ対策推進部

「情報セキュリティに対する意識調査」は2005年から脅威調査を、2013年から倫理調査を実施しています。前者は、一般国民のサイバーセキュリティにおける脅威の認識と対策の実施状況を、後者はネットモラルに対する現状把握などのため、実施しているものです。

今年の脅威調査では、“標的型攻撃”といった脅威名の認知度、脅威の遭遇経験および被害経験のほか、パスワードの管理方法など、11項目について調査を実施しました。

また、倫理調査では、昨年のコロナ禍において問題となったSNSを使ったデマの拡散や、未成年者がスマホを介して知り合った人と面会したことで発生した事案を受け、調査設計を再考、質問項目の見直しを行いました。

倫理調査において、新たに実施したことは以下の通りです。

  1. 調査対象者を投稿経験者に限定
  2. 質問項目の新設
    1. SNSでの拡散経験
    2. SNSでネガティブな投稿後に発生したこと
    3. SNSで知り合った人との面会経験
    4. SNSで知り合って実際に会った理由・きっかけ
    5. 実際に会った結果、発生したこと

調査結果のポイント

(1)
拡散経験が最も多いのは10代62.4%、次いで20代56.3%、40代以上は4割未満 (倫理調査報告書 P13)
図1.SNS等で拡散したことのある情報・内容(1)
図1.SNS等で拡散したことのある情報・内容(1)

(2)
SNS等で拡散する理由として「交流のため」を選んだのは10代が41.5%と最多で、年代が上がるほど低下傾向 (同 P15)
図2.SNS等で拡散したことのある情報・内容(2)(一部)
図2.SNS等で拡散したことのある情報・内容(2)(一部)

(3)
SNS等でのネガティブな投稿後に「何か発生した」割合は44.4%、最も多かったのは「相手から謝罪された」11.1%、次いで「同意見の仲間の結束が深まった」10.5% (同 P22)
図3.SNS等でのネガティブな投稿後に発生したこと
図3.SNS等でのネガティブな投稿後に発生したこと

(4)
SNS等で知り合った人と会ったことのある割合は20代で48.4%、30代で45% (同 P27)
図4.SNS等で知り合った人と1対1で会った回数
図4.SNS等で知り合った人と1対1で会った回数

(5)
SNS等で知り合い、実際に会うことになった理由のうち「イベントの同行者が欲しかった」と回答した10代の男女は平均の約2倍の約35%。また、「相談に乗ってもらいたかった」と回答した割合が最多(10.9%)だったのは、10代 男性で、平均(3.9%)の2倍以上 (同 P31)
図5.SNS等で知り合い、実際に会うことになった理由・きっかけ
図5.SNS等で知り合い、実際に会うことになった理由・きっかけ

(6)
SNS等で会った結果「金銭トラブル」が発生した割合が多いのは10代男性10.9%、20代の男性11.9%で平均4.9%の2倍以上。また「身の危険を感じた」のは、10代男性28.3%と20代男性15%で平均7.5%の2倍以上 (同 P32)
図6.SNS等で知り合い、実際に会った結果、発生したこと
図6.SNS等で知り合い、実際に会った結果、発生したこと


※回答率は小数点第2位を四捨五入しているため、各項目の合計と記載の数値が合致しない場合がある

調査概要

「2020年度情報セキュリティの倫理に対する意識調査」報告書
(1) 調査方法
:ウェブアンケート
(2) 調査対象
:13歳以上のSNS等における投稿経験者
(3) 調査期間
:2020年12月2日~12月7日
(4) サンプル数
:5,000人
(5) ダウンロード

「2020年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」報告書
(1) 調査方法
:ウェブアンケート
(2) 調査対象
:13歳以上のパソコンあるいはスマートデバイスを使ったインターネット利用者
(3) 調査期間
:2020年12月9日~12月14日
(4) サンプル数
:パソコン利用者、スマートデバイス利用者各5,000人 計10,000人
(5) ダウンロード

報告書の引用について

データやグラフ・図表等を引用・抜粋する際は、以下にご留意の上ご利用下さい。

  • 出典の明記(弊機構名、資料名、ページ番号、URL)
  • 可能な限り原文のまま掲載(グラフの形式を変える、文体を変える等は可)
  • 一部改変する場合は文意を変えず「~を基に作成」の様に、原文のままでないことを明記
  • 転載箇所が明確にわかるように記載

実施者

本件に関するお問い合わせ先

IPA セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 山田、白石
E-mail:
(報道機関からのお問い合わせは広報戦略グループ  まで)

更新履歴

2021年3月4日 公開