HOME社会基盤センターIoT製品/ITシステムの安全性・信頼性の確保重要インフラ分野のシステム障害への対策

本文を印刷する

社会基盤センター

重要インフラ分野のシステム障害への対策

経験を共有し、みんなの力でIT社会の安全・安心を築くしくみ

 私たちの生活や社会・経済基盤を支える重要インフラ分野等における情報処理システムの信頼性向上のため、システムの障害事例情報の分析や対策手法の整理・体系化を通して得られる「教訓」を業界・分野を越えて幅広く共有し、類似障害の再発防止や影響範囲縮小につなげる仕組みの構築を目指しています。
  そのために、このようにして導かれる教訓の有用性を示すとともに、障害情報の分析等により導かれる教訓を分野横断で共有するための、障害情報や教訓の共通様式、それらの公開に際しての機密保持等のルールを取りまとめています。また、得られた教訓に基づき、類似障害の再発防止に向けたシステム開発や運用・管理の継続的なプロセス評価・改善手法を取りまとめるとともに、広くその導入を促進する活動に取り組んでいます。




重要インフラ分野のシステム障害への対策(アニメーション)

「重要インフラ分野のシステム障害への対策」の事業内容をアニメーションで紹介しています。


youtube別ウィンドウで開く

情報処理システム高信頼化教訓集

 IPAでは、2013年度から情報処理システムの障害事例情報の分析や対策手法を整理・体系化して、これから導かれた教訓を取りまとめた「情報処理システム高信頼化教訓集」を作成し、公開しています。

ITサービス編/組込みシステム編 共通
情報処理システム高信頼化ダイジェスト

情報処理システム高信頼化ダイジェスト
本ダイジェストは、教訓集の教訓一覧、教訓の例、観点マップ、教訓を活用するガイドブックを掲載しています。本書で教訓の全体像をつかんだ上で、教訓集本編やガイドブックを読んでいただくと、教訓への理解がより深まり、サービスやシステムの信頼性を高めることができます。

情報処理システム高信頼化ダイジェストPDF文書
ITサービス編
教訓集(ITサービス編)

「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」
ITサービスの障害情報の収集・分析と対策の検討を行い、その結果を普遍化した「教訓」として取りまとめたものです。幅広い分野において利用できる内容になっています。毎年、新たな「教訓」を追加し、最新化を行っています。

詳細教訓集PDF文書別冊Ⅰ:障害対策手法PDF文書別冊Ⅱ:障害分析手法PDF文書
教訓ガイド(ITサービス編)

「教訓作成ガイドブック(ITサービス編)」及び 「教訓活用ガイドブック(ITサービス編)」
自社内で発生したシステム障害事例や再発防止策などを自ら「教訓」として“作成”し、それらを企業間や業界内でも共有・活用可能とするためのガイドブックです。

詳細教訓作成ガイドブックPDF文書教訓活用ガイドブックPDF文書
組込みシステム編
教訓集(組込みシステム編)

「情報処理システム高信頼化教訓集(組込みシステム編)」2015年度版
組込みシステムの障害情報の収集・分析と対策の検討を行い、その結果を普遍化した「教訓」として取りまとめたものです。幅広い分野において利用できる内容になっています。

詳細教訓集(組込みシステム編)PDF文書
教訓ガイド(組込みシステム編)

「障害未然防止のための教訓化ガイドブック(組込みシステム編)」及び「現場で役立つ教訓活用のための実践ガイドブック(組込みシステム編)」
自社内で発生した障害事例とその再発防止策に基づき、未然防止に役立つ教訓を自ら作成し、継続的に運用していくためのもので、企業間・業界内のシステム障害防止に重要な情報共有活動を実践的なノウハウで支援することを目的としたガイドブックです。

詳細教訓化ガイドブックPDF文書実践ガイドブックPDF文書
整理手法ガイドブック(組込みシステム編)

「障害未然防止のための設計知識の整理手法ガイドブック(組込みシステム編)」
本ガイドブックは、いわゆる「過去トラDB(過去トラブルデータベース)」と呼ばれる障害情報データベースのソフトウェア障害情報の記録から、障害発生を未然防止するための設計知識を抽出し、有効活用できる形に整理する方法を提案するものです。

詳細整理手法ガイドブックPDF文書

教訓のリンク集(ITサービス編)

 情報システム高信頼化教訓集(ITサービス編)に収録されている教訓一覧から個々の教訓を照会できます。このリンク集には報告書に記載された教訓に加えて、最近作成された教訓も随時登録しています。
 ・「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」各教訓のリンク集

  IPAが公開する新着教訓や、新聞や雑誌等で報道されたシステム障害情報から読み取れる教訓等についてお知らせする、メールマガジン(教訓集活用メルマガ)を発信しています。
配信をご希望の方はこちらよりご登録をお願いいたします。

情報システムの障害状況

 IPAでは2010年から社会に影響を与え全国紙等に報道された情報システムの障害情報を蓄積しています。これを、半年毎に取りまとめ「情報システムの障害状況」として連載しています。
 ・「情報システムの障害状況」一覧

「注意すべき観点」に基づいた障害事例の分類

 教訓および情報システムの障害状況について、短い時間でポイントや全体像をつかめるよう、「注意すべき観点」に基づいて分類した障害事例の一覧を用意しました。

「注意すべき観点」に基づいた障害事例の分類(概要版))

「注意すべき観点」に基づいた障害事例の分類(概要版)
前半のパートでは、この分類で採用している「注意すべき観点」や一覧表の構成など、障害事例一覧表の読み方・使い方に関して説明をしています。
後半のパートでは、注意すべき観点(分類)の例として、10種の観点についての該当事例を説明しています。

「注意すべき観点」に基づいた障害事例の分類(概要版) PDF文書
障害事例一覧表)

障害事例一覧表
情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)に掲載されている教訓事例、および「情報システムの障害状況」に掲載されている障害事例を、「注意すべき観点」により分類した一覧表です。
それぞれの事例を参照して欲しい「対象者」の区分や、該当する開発工程の区分についても記載されています。

障害事例一覧表 exel

関連情報

公開日 報告書・成果物 Link
2017年3月 「大規模・複雑化した組込みシステムのための障害診断手法 ~ 事後V&Vの体系と要素技術 ~ 」 の公開 詳細
2016年3月 「大規模・複雑化した組込みシステムのための障害診断手法~モデルベースアプローチによる事後V&Vの提案~ Ver. 2.0」の公開 詳細
開催日 セミナー・講演タイトル DL(PDF)
2017年1月 2016年度第4回JFPUG総会
近年のソフトウェア障害事例の分析により得られた教訓例
資料
2015年7月 2015年度第1回ITC近畿会セミナー
資料1:障害事例情報共有の取組みと事例分析により得られた教訓
資料2:障害事例の分析に基づく教訓
資料1
資料2
2014年12月 重要インフラセキュリティセミナー
システム障害事例情報の分析に基づく教訓・対策を共有する仕組み
資料

関連リンク

更新履歴

2020年3月16日
  • 「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」別冊Ⅰ:障害対策手法、および別冊Ⅱ:障害分析手法を更新しました。
    1. ① 別冊Ⅰ、Ⅱ共通:ページ番号と目次の修正、不鮮明な図の差替え
    2. ② 別冊Ⅱ:なぜなぜ分析に関する記載の強化
2020年2月25日
  • 「障害事例一覧表」を更新しました。
2019年9月20日
  • 「「注意すべき観点」に基づいた障害事例の分類(概要版)」と「障害事例一覧表」を更新しました。
2019年3月15日
  • 「情報処理システム高信頼化教訓集ダイジェスト」を更新しました。
  • 「情報処理システム高信頼化教訓集(ITサービス編)」のリンクを2017年度版から最新版に変更しました。
  • 「注意すべき観点に基づいた障害事例の分類(概要)」と「障害事例一覧」を更新しました。
    (2018年前半データ、2018年後半データ、教訓「T30」、「T31」、「T32」、「T33」を追加)