HOME社会基盤センターIT社会の動向調査・分析、情報発信情報セキュリティ白書

本文を印刷する

社会基盤センター

情報セキュリティ白書

IT技術が進展する一方で、情報セキュリティ上の脅威も多様化、深刻化しています。

IPAでは、最新の攻撃手法・情報セキュリティ対策の収集・分析等を通じて、情報セキュリティ上の脅威やサイバー攻撃の傾向を把握し、新たな脅威動向の予測と、それによる被害の未然防止を実現するための取組みを行っています。

収集・分析等した情報については、「情報セキュリティ白書」として毎年発行しています。

情報セキュリティ白書

情報セキュリティ白書2020 情報セキュリティ白書2020
(2020年9月発行)

本白書は情報セキュリティ分野に関する情報の網羅性と参照性の高さが特長で、顧客向け資料への引用や、資格取得等、幅広い使途に利用されています。最新刊では、クラウドサービスにおけるインシデントの実態や、次代を担う青少年を取り巻くネット環境(SNSを介した犯罪、 eスポーツとオンラインゲーム)などを注目すべきトピックとして取り上げた他、「セキュリティマネジメントの日米企業比較 ~組織論の観点から~」と題した特別寄稿を掲載しました。

バックナンバー

過去の情報セキュリティ白書については、こちらをご覧ください。