HOME未踏/セキュリティ・キャンプセキュリティ・キャンプ事業セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンライン 応募要項

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンライン 応募要項


ご応募ありがとうございました。


セキュリティ・キャンプ全国大会2020 オンライン 選考通過者 決定!

応募要項

応募は、本ページをよく読んでから行ってください。
情報セキュリティ技術に強い関心を抱き、技能を高めたいという意志を持つ学生・生徒の皆様からのたくさんのご応募お待ちしております。

開催概要
開催期間 2020年10月18日(日)~ 12月6日(日)
開催方法 オンライン
募集人数 80名程度
受講費用 無料(PCやネット環境は受講者ご自身でご用意いただく必要があります)
主催 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会
募集期間 2020年8月5日(水)~ 9月3日(木)23:59
応募条件 以下を参照

応募条件

セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンラインには、以下の条件を満たす方がご応募いただけます。

  • 日本国内の学校に在籍する2021年3月31日終了時点において22歳以下の学生・生徒・児童であること(※1)。
  • 社会人大学生、社会人大学院生など就業者は応募不可。パート・アルバイト及び自分で起業している場合は応募可能 過去のセキュリティ・キャンプ(2004~2007)、セキュリティ&プログラミングキャンプ(2008~2011)、セキュリティ・キャンプ中央大会(2012、2013)、セキュリティ・キャンプ全国大会(2014~)を修了している場合も、修了後5年以上が経過し、且つ※1の条件を満たす場合のみ応募可能です。 なお、今年度の「セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンライン」に参加された方は、年齢・学校への在籍・未就業などの条件を満たせば、来年度以降の「セキュリティ・キャンプ全国大会」にも応募可能です。
  • 参加必須の講義・イベントへの参加、および以下のとおりの各コースの参加要件を満たせること (全日程への参加が必須ではありません)

    コース共通:専門講義以外の講義・イベントは参加必須(10月18日(日)、11月8日(日)、12月6日(日)に実施されます)

    選択コース:専門講義は全て選択制であり,希望する講義を選択し受講

    集中コース:オンラインハッカソンを期間中に3回以上実施(日程は受講者と相談の上で決定),他,オンラインミーティングとコース内成果発表への参加

    コース共通:トラックごとにまとめの受講レポートの提出

  • 2020年8月25日時点で20歳未満の場合、本大会の参加について保護者の同意を得ていること(参加が決定した際に保護者の同意書を提出していただきます)。
  • 応募者自身がキャンプに使用するオンラインサービス、ソフトウェアを使用できること。
  •  応募者はあらかじめ指定した解析ツール、開発環境等が動作するスペックのCPU、メモリ残量、SSDまたはHDDの空き容量を満たすパソコンを所持し、開催期間中に使用できること。
  •  応募者は通信容量無制限または、オンライン講習に必要な容量の通信機器(有線LAN、無線LAN等)を開催期間中に使用できること。(無料Wi-Fiスポット、飲食店や公共施設などの無料Wi-Fiサービスを利用しての受講はできません)
  •  開催期間中に応募者が受講するスペース、または自室があること。(図書館などの公共施設、飲食店等での受講はできません)
  •  講義ではミーティングツールを使用予定ですが、講義に接続・参加するための、ヘッドフォンやイヤフォン、マイク、カメラが使用できること。
  • 今回のセキュリティ・キャンプ全国大会2020オンラインでは、講義の録画、配信が行われる可能性があることをご承知いただけること。
  • セキュリティまたは、プログラミングに関して、講習を受けられるだけの基礎知識と積極的に取り組む姿勢を持っていること。
応募方法

応募は、「エントリー」と「課題回答」の2段階で構成されます。詳しくは、以下を参照してください。


1.エントリー

応募にあたっての注意事項をお読みになり、応募トラック(ゼミ)を決めた上で、エントリーページからエントリーしてください。

応募の受付は終了いたしました。
 たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。




【注意】

  • 冒頭の「応募手順について」と「はじめにお読みください」を必ずお読みいただいた上で登録してください。

  • エントリーは、PCから行ってください。

  • エントリーページはセッション管理されており、60分間操作がないと入力内容が無効となってしまい正常に送信されません。登録内容を予め用意するなどし、フォームを開いてから60分以内に送信されるようご注意ください。

  • セッション切れにより登録内容が正常に送信されていない、アクセス集中などにより登録内容が送信できなかったなどの場合でも、事務局はその責を負いかねます。



2.課題回答

エントリーしたトラック(ゼミ)の応募課題について、課題回答ページから回答してください。

【注意】
  • 課題回答ページのURLは、エントリー完了画面とエントリー完了メール(自動送信)でお知らせします。

  • トラックごとに用意された課題を確認の上、エントリーしたトラックの課題回答ページから回答してください。

  • 課題回答には、 エントリーページで応募者自身が定めた「確認番号」エントリー完了後に自動送信されるメール(エントリー完了メール)に記載された「回答ID」が必要です。

  • 締め切り間際はアクセスが集中し、登録内容が送信できない場合があります。応募は余裕をもって行ってください。





応募締め切り

2020年9月3日(木)23:59(JST)まで
(応募の受付は終了いたしました。)



応募課題ファイルの一覧

課題回答ページで回答するトラック(ゼミ)別の応募課題を以下に掲載します。
※エンコードの種類が異なるだけで、2つのファイルの内容は同じです。


 ■選択コース

 ・A【コンテストとワークショップトラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式


 ・B【プロダクトセキュリティトラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式

 ・C【脅威解析トラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式
   別添ファイル

 ・D【課題駆動トラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式


 ■集中コース

 ・L【暗号ファジングトラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式
   別添ファイル

 ・X【IoTセキュリティトラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式

 ・Y【システムソフトウェア自作トラック】
   Shift_JIS形式
   UTF-8形式

 ・Z【プラットフォームセキュリティトラック】
   mdファイル(UTF-8形式)
   別添ファイル
   別添ファイル2


エントリーページのメンテナンス情報

下記の期間、システムのメンテナンスのため、アクセスができません。

■停止日時

応募にあたっての注意事項

以下の事項について、予めご了承の上、ご応募ください。

  • セキュリティ・ネクストキャンプ2020オンラインとの併願はできません。
  • 事務局からのメール連絡は、右記のドメイン(@mail3.webcas.net または @ipa.go.jp)から行いますので、受信制限をかけている方は必ず解除してください。
  • 応募は必ず応募者ご自身が行ってください。(20歳未満の方は、参加決定時に保護者の同意書が必要になります)
  • 参加が決定された方には、応募条件を満たすことを証明する書類(学生証のコピーや学校が発行する在籍証明書等)、参加誓約書(参加規程を遵守する旨の誓約)、その他主催者が必要と定める書類を提出していただきます。
  • 講義を主催者側が撮影・記録させていただく場合がございます。撮影した講義の動画等は、後日配信される可能性があることをご了承ください。
  •      
  • また、キャンプ参加時間中の様子を撮影させていただく場合がございます。撮影した写真及び動画(参加者が被写体となったものを含みます)は、キャンプ事業の広報活動や技術啓発等を目的として、HP上での開催報告やその他資料として活用(外部への公開を含みます)させていただきます。
  • キャンプ参加前・参加時間中・終了後に、参加者の方からいただいたご連絡先(電話番号、メールアドレス等)に、取材のためIPAからご連絡させていただく場合があります。
  • キャンプの講義・イベントには、未成年者の参加が多く見込まれます。そのため、参加時間中は成年者であっても、飲酒・喫煙を禁止します。
  • キャンプ終了後1週間程度の間に、参加者の方には、事後アンケート・感想文をご提出いただきます。(全員提出必須)
  • セキュリティ・キャンプ事業の成果、並びに修了生のフォローアップを目的として、キャンプ終了後、定期的に、修了生(全国大会の参加者)に対して、IPAからアンケート(事業への感想や修了後の活動状況等をお聞きする予定です)を実施いたします。また、関連行事等について、随時メールにてお知らせします。なお、本目的のために、参加者の氏名、住所、メールアドレス等を本行事の共同主催者である、一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会(https://www.security-camp.or.jp/index.html )と共有いたします。

選考通過者の発表

厳正な審査の結果、選考通過者を決定いたしました。
選考通過者のエントリー時の回答IDは添付ファイルをご確認ください。
なお、選考通過者には個別にご連絡いたします。

選考終了にあたり、坂井講師主査から次回のセキュリティ・キャンプ全国大会を目指す方へのメッセージ

みなさん、今回はセキュリティ・キャンプ全国大会2020 オンラインへご応募いただき、誠にありがとうございました。
次回の全国大会を目指す方へ、私からのアドバイスです。

まず、ホームページ上で説明されている「参加を目指す方へ」をご参照ください。
https://www.ipa.go.jp/jinzai/camp/2020/zenkoku2020_message.html
ここには応募のためにどのようなことが必要か、まとめられています。

また、今年度の募集時の課題に、もう一度取り組んで挑戦してみることも良いかと思います。
課題に取り組むこと自体が良い勉強となるでしょう。

そして勉強する際には、実際に手を動かして調べてみましょう。
本に書いてあることやインターネット上にあった説明をそのまま受け入れるのではなく、実際に手を動かして試したり作ったりしてみましょう。

深堀りして考えてみましょう。本に書いてあることやインターネット検索して出てきた情報は、本当に正しいのでしょうか?
自分で実際に見て、手を動かして試してみましたか?矛盾や納得できていない部分は残っていませんか?
実は理解が不完全なところがあったり、そこを無視したりはしていませんか?
他人に説明することができますか?疑問や質問に答えられますか?自分で作ることはできますか?
ひとつのコマンド、1行の実行結果、数行のプログラムであっても、深堀りして考えると、30ページのレポートや60分の発表くらいはすぐにできるものです。

そのうえで、その手を動かした結果を、ブログなどに書いたり、どこかで発表してみたりして、アウトプットしてみましょう。
自身がアウトプットを出すことが、情報や機会を得るための最も良い手段となるでしょう。

そしてそうした「手を動かし、深く考え、アウトプットすること」を、今から始めて、1年間続けてみましょう。
きっと来年には、課題への回答に書けることが格段に増えていることでしょう。
そうすれば今年「書くことが無い」「何を書けばいいのかわからない」と思ったとしても、来年はそれを「書きたいことがありすぎて困る」に変えることができることでしょう。

チャレンジしてみましょう。失敗したりわからなかったりするかもしれませんが、気にせずチャレンジしてみましょう。
本当の成功や理解のためには、10の失敗、100のわからないことがあるものです。
どうしてもわからなかったり飽きたりしたら、別のチャレンジをして、しばらくしたときにまたやってみましょう。時間を置くことで、新たな発見があるかもしれません。
そうしたチャレンジを、楽しみましょう。失敗することやわからないことを、楽しみましょう。

更新履歴

2020年9月14日 セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンライン 選考通過者の回答ID一覧を公開しました。
「選考終了にあたり、坂井講師主査から次回の全国大会を目指す方へのメッセージ」を公開しました。
2020年8月27日 セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンラインの応募締め切りを延長しました。
2020年8月5日 セキュリティ・キャンプ全国大会2020オンラインの募集を開始しました。

お問い合わせ先

 IPAセキュリティ・キャンプ事務局
 お問い合わせは、メールで受け付けます。以下のメールアドレスまでご連絡ください。
 E-mail: メールアドレス

  ※回答までお時間を頂く場合がありますので、予めご了承ください。

未踏/セキュリティ・キャンプ