HOME社会基盤センターIoT製品・システムの安全性・信頼性の確保

本文を印刷する

社会基盤センター

IoT製品・システムの安全性・信頼性の確保

  AI や IoT 技術の進展により多様化・高度化したシステムが増加し、システム開発のあり方も大きく変化しています。IPAでは、IoT製品/システムの開発時に考慮すべきリスクや対策を示した「つながる世界の開発指針」の普及や、システムとそれを取り巻く環境を統合的に捉えて全体最適を目指すアプローチや手法(STAMP/STPA、システムズエンジニアリングなど)の普及を通して、IoT製品・システムの安全性・信頼性の底上げを目指しています。

技術革新により多様化・高度化するシステム