HOME社会基盤センター報告書・出版物・ツール事業成果(報告書等)システム再構築を成功させるポイント集を公開
~ITモダナイゼーションプロジェクトで陥りやすい落とし穴とその対策を概説~

本文を印刷する

社会基盤センター

システム再構築を成功させるポイント集を公開
~ITモダナイゼーションプロジェクトで陥りやすい落とし穴とその対策を概説~

2018年2月26日更新
2018年2月14日公開
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 ソフトウェア高信頼化センター

概要

 独立行政法人情報処理推進機構 ソフトウェア高信頼化センター(以下、IPA/SEC)は2月14日、システムの再構築に代表されるモダナイゼーションプロジェクト(以下、再構築プロジェクト)において、陥りやすい7つの落とし穴と、その対策をまとめた小冊子、「デジタル変革に向けたITモダナイゼーション企画のポイント集~注意すべき7つの落とし穴とその対策~」(以降「本小冊子」)を公開しました。

背景

 さまざまな分野で長年にわたり運用が続いている基幹システムは、信頼性と堅牢性を最優先に構築/運用されています。そのため、新技術を活用した先進的なサービスに対応することは容易ではありません。システムの再構築には、膨大な既存資産の活用が求められるため、新規にシステム開発を行うよりも難易度が高くなります。

 しかし、経営層からは「現行システムがあるのだから、新規開発よりも容易なはずだ」と間違えた認識をされてしまう場合があります。そのような場合には、プロジェクトに必要な期間や予算が確保されず、プロジェクトが失敗することが少なくありません。

特徴と使い方

 こうした状況を鑑み、IPA/SECでは、経営層やシステム部門長、プロジェクトマネージャなどに向けて、システム再構築の際に発生しやすいトラブルとその対策を小冊子にまとめました。本小冊子は、再構築プロジェクトにおいて陥りやすい事象を「落とし穴」として読者に示し、トラブルを回避してプロジェクトを安全かつ確実に進めるポイント集です。

 トラブルを踏まえた行動指針のポイントが明確になっていますので、企業内でシステム企画・開発・運用などを担う部門長が、経営層と会話するきっかけつくりや、コミュニケーションツールとして活用できます。

 なお、本小冊子は2018年2月発行の「SEC BOOKS システム再構築を成功に導くユーザガイド 第2版」の活用を促す内容になっています。ユーザ企業、ベンダ企業で両書が活用されることにより、上流工程の作業不備に起因した開発プロジェクトの失敗や、運用後のシステムトラブルが削減できると期待しています。

ダウンロード

更新履歴

2018年2月26日 「SEC BOOKS システム再構築を成功に導くユーザガイド 第2版」発行に伴い、リンク文を「SEC BOOKS システム再構築を成功に導くユーザガイド」から「SEC BOOKS システム再構築を成功に導くユーザガイド 第2版」に修正しました。