HOME情報セキュリティセキュリティセンターについて中小企業向け全国普及啓発事業サイバーセキュリティお助け隊(岩手県・宮城県・福島県)

本文を印刷する

情報セキュリティ

サイバーセキュリティお助け隊(岩手県・宮城県・福島県)

最終更新日:2019年6月14日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター 企画部
中小企業支援グループ

事業概要

 「中小企業サイバーセキュリティお助け隊事業 in 東北」として、以下の取組を実施します。
   (1)サイバーインシデント実態の可視化:
       実証に参加する中小企業にネットワークセンサーを設置することで、中小企業に対するサイバー攻撃の
       実態を可視化します。
   (2)地域内のサイバー被害の実態の発信:
       実証内容やサイバーインシデントの実態を分かりやすく発信するポータルサイトを設立・運営します。
   (3)中小企業向けサイバーセキュリティ対策の事業化:
       本実証事業の成果を公表することにより、ITベンダーや損害保険会社などがサービス提供を行いやすい
       オープンな環境を構築します。

1.中小企業の実態把握

・リスクアセスメント、監視サービス
 (米Stellar Cyber社のネットワークセンサーを活用したデジタルハーツ社の提供サービス)
・分析レポートを作成し、ユーザーにもフィードバック

2.支援体制の構築

・相談対応から支援の提供まで一気通貫でデジタルハーツ(ベンダー)が対応。
 サイバー保険の検討のみ損保ジャパンと連携。

3.地域実証の実施

・実証参加を希望する者から順次速やかに開始し、先行事例をもとに参画企業の拡大を図ることで、100-200社を確保。
・事業の関連情報等を一元的に管理するポータルサイト開設し、運営。(実証終了後も運営を継続する予定)

4.実証結果を踏まえた検討の実施

・今回設置するセンサー「Starlight」により得られる実証地域の中小企業のサイバー被害の可視化
・中小企業向けに必要なセキュリティ対策サービスの内容や求められる人材スキルを具体化
 (お助け隊の人材としてデジタルネイティブ世代を育成する方策など)
・中小企業の保険加入を促進するための方策について、商品開発及び周辺環境整備等の観点で検討

実施者

株式会社デジタルハーツ

協力者

・損害保険ジャパン日本興亜株式会社
・地元経済団体等

本件に関するお問合せ先

株式会社デジタルハーツ  サイバーセキュリティお助け隊 in 東北
エンタープライズ事業本部
担当者: 畑田
Tel: 03-5308-1151
E-mail: