HOME情報セキュリティセキュリティセンターについて中小企業向け全国普及啓発事業サイバーセキュリティお助け隊(自動車産業(静岡県、広島県等))

本文を印刷する

情報セキュリティ

サイバーセキュリティお助け隊(自動車産業(静岡県、広島県等))

最終更新日:2020年9月18日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター 企画部
中小企業支援グループ

事業概要

 日本の中核産業である自動車産業においては、コネクテッドカー時代の安心・安全確保に向けて、「WP29」等の世界標準への対応など、サプライヤー中小企業を含めたセキュリティ対策の構築が喫緊の課題となっています。また、サプライチェーンの弱点を悪用したサイバー攻撃に関する脅威が顕在化しはじめており、多階層で構成されるサプライチェーン全体に対するセキュリティ対策の重要性は益々高まっています。
 本実証事業において「自動車業界のサプライチェーン」に焦点を当て、自動車メーカー様との連携のもと、サプライチェーンを構成する中小企業の皆様をご支援することを目的とし、参加企業の皆様のサイバーセキュリティ対策状況の実態の把握や、平時および有事の各種支援サービス等のご提供などを実現して参ります。また、今後継続的なサービス化を目指しながら、自動車業界全体のセキュリティ対策の底上げに繋げて参ります。

1.中小企業の実態把握

 本実証では、対象となるサプライヤー中小企業のサイバーセキュリティに対する実態を把握するために、経営者の皆様やITご担当者様にセキュリティ対策に関する意識調査アンケートや実際のヒアリング調査を実施します。
 あわせて、自己申告に基づいた情報収集のみならず、外部からのセキュリティ診断や、内部ネットワークへのセキュリティ診断等、技術的な情報収集も実施しながら、より精緻な中小企業のセキュリティ実態に迫ります。

2.地域実証の実施内容

 本実証では、実証終了後にサプライヤー中小企業向けのセキュリティ対策支援サービスの実現を目指し、以下、平時・有事の各種支援サービスを実際にご提供しながら、サプライヤー中小企業が最低限導入すべきサービスレベルを検証いたします。
 ①外部・内部のセキュリティ診断
 ②サイバーセキュリティに関する電話・メール相談
 ③内部ネットワーク監視機器の設置による通信状況モニタリング
 ④インシデント発生時のご支援 等

3.実証結果を踏まえた検討

 今回の実証から得られた様々なデータをもとに、自動車業界のサプライヤー中小企業に最適なサイバーセキュリティ対策に関する仕組みを構築し、自動車業界全体をサイバー脅威から守るためのビジネスモデルの確立を目指します。
 サプライヤー中小企業の皆様のニーズに合致したサービスメニューの策定、わかりすく利用しやすいサービス価格の実現、サイバーセキュリティ保険を活用した制度設計を検討して参ります。

実施者

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社

協力者

・東京海上日動火災保険株式会社
・NTTグループ
・ジェイズ・コミュニケーション株式会社

本件に関するお問い合わせ先

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社
ソリューション創造本部
サイバーセキュリティラボ
担当者:教学(きょうがく)
Tel:070-4461-5408
E-mail: