HOME情報セキュリティセキュリティセンターについて中小企業向け全国普及啓発事業サイバーセキュリティお助け隊(岐阜県を中心とする中部エリア)

本文を印刷する

情報セキュリティ

サイバーセキュリティお助け隊(岐阜県を中心とする中部エリア)

最終更新日:2020年10月19日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター 企画部
中小企業支援グループ

事業概要

 中部電力の供給エリアに所在する中小企業に対し、ワンストップセキュリティサービス(コールセンター、UTM機器設置、駆けつけ対応までワンストップで提供)、セキュリティ簡易診断、標的型メール訓練、EDR※の提供等を通じて、サイバーセキュリティ支援体制構築の実証を行います。
※EDR(Endpoint Detection and Response)とは、パソコン、スマホなどのネットワークに接続されているデバイス=エンドポイントの操作や動作を監視し、サイバー攻撃に対処するソフトウェア
 中小企業向けサイバー保険の検討も含む、中小企業が活用しやすいサイバーセキュリティ対策支援サービスの創出・モデル構築を目的とします。

1.中小企業の実態把握

・簡易セキュリティ診断によるセキュリティ体制実態把握
・標的型メール訓練による意識向上、実態把握
・アンケート、ヒアリングによる実態調査
・セキュリティ機器(UTM、EDR)配備により、サイバー攻撃実態に関するデータ収集・分析

2.地域実証の実施内容

・ワンストップセキュリティサービスの提供(コールセンター、UTM機器設置、駆けつけ対応、リモート監視までワンストップで提供)
・EDR導入によるサイバー攻撃の防御、検知
・標的型メール訓練サービスの提供

3.実証結果を踏まえた検討

・中小企業向け簡易保険サービスの検討
・中小企業が活用しやすいサイバーセキュリティ対策支援サービスの創出・モデル構築(ビジネスとして成り立ち、定着するサイバーセキュリティサービスの開発と継続可能なモデル構築)

実施者

MS&ADインターリスク総研株式会社

協力者

・中部電力ミライズ株式会社
・株式会社中電シーティーアイ
・中部電力株式会社
・三井住友海上火災保険株式会社
・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

本件に関するお問い合わせ先

MS&ADインターリスク総研株式会社 事業ページ
新領域開発部 サイバーリスク室
担当者:土井(どい)、 槇(まき)、角田(かくた)
Tel:080-3343-9063(本実証事業専用電話です)
E-mail:

更新履歴

2020年10月19日 本件に関するお問い合わせ先の事業ページのリンク先を変更しました