HOME情報セキュリティセキュリティセンターについて中小企業向け全国普及啓発事業サイバーセキュリティお助け隊(宮城県、山形県、秋田県、青森県)

本文を印刷する

情報セキュリティ

サイバーセキュリティお助け隊(宮城県、山形県、秋田県、青森県)

最終更新日:2020年9月18日
独立行政法人情報処理推進機構
セキュリティセンター 企画部
中小企業支援グループ

事業概要

 青森県、宮城県、秋田県、山形県の中小企業を対象にサイバーセキュリティ対策を支援するサービスを提供いたします。サービスを体験いただいた後に意見・要望を伺い、東北地域の中小企業の実態やニーズに合致したサービスを検討します。
 また、各説明会でのセミナーやポータルサイトでのセキュリティ情報提供など参加企業に有益な情報を提供し、セキュリティ対策の定着を支援いたします。
各説明会はオンラインで実施し、新型コロナウイルスの感染リスクを低減し、移動の負担を軽減します。

東北の対象地域の地場企業がサービスを提供します。
 ・東北インフォメーション・システムズ株式会社
 ・株式会社ハイテックシステム
 ・株式会社アキタシステムマネジメント
サイバー保険サービスは「あいおいニッセイ同和損害保険株式会社」が参画し、サービス提供およびサービスの検討を行います。

1.中小企業の実態把握

 実証参加企業の実態の把握および意見・要望を確認するために次を行います。
 ・アンケート(参加説明会後、事業参加手続後、中間報告時、成果報告時等に全社)
 ・ヒアリング(サービス体験後に数社)
 ・参加企業の簡易的なセキュリティ対策状況の確認
 ・現場確認、ヒアリング、文書調査による制御システムに対するサイバー攻撃リスクの簡易評価(一部企業)

2.地域実証の実施内容

 実証参加企業に統合脅威監視装置(fortinet社fortigate)を設置し、セキュリティログを分析します。ネットワーク可視化ツールを導入し、インシデント発生時の対応を支援します。これらにセキュリティの相談受付対応を加えた包括的なインシデント対応支援サービスを提供します。
その他に、サイバーセキュリティ保険、標的型攻撃メール対応訓練、公開Webサイト脆弱性診断(一部企業)を実施します。

3.実証結果を踏まえた検討

 アンケートやヒアリングの結果および昨年度のサイバーセキュリティお助け隊事業の結果を分析し、東北地域の中小企業の実態に即した実証終了後のサイバーセキュリティ保険を含む具体的なサービス内容、価格、契約方法を検討します。
中小企業に受け入れていただけるサービスと持続可能な体制構築を目指します。

実施者

東北インフォメーション・システムズ株式会社

協力者

・株式会社ハイテックシステム
・株式会社アキタシステムマネジメント
・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

本件に関するお問い合わせ先

東北インフォメーション・システムズ株式会社 事業ページ
営業本部営業企画部セキュリティ推進課
担当者:戸羽、竹澤、南城
Tel:022-214-3031
E-mail: