HOME社会基盤センター報告書・書籍・ツール書籍SEC BOOKS組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]

本文を印刷する

社会基盤センター

SEC BOOKS組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]

 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]
書籍名 組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]
編集・発行 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
技術本部  ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)
発行日 2013年3月8日
サイズ A5判
ページ数 91ページ
ISBN 978-4-905318-16-3
定価 本体477円(税抜)

書籍概要

  組込みソフトウェアに対する高品質化への要求と製品価格・納期に対する要求を両立させることを前提に“バグ”管理上の様々な課題を解決するため、どのような考え・手法・工夫・基準を用いているか、具体的な事例をベースに整理したものです。
具体的には、下記のような内容が盛り込まれています。
  • バグ管理の目的を示し、管理項目を整理して解説とあわせて紹介
  • バグのカウント方法などの指針を提示
  • 「バグ」や「故障」などバグ関係の用語を整理して提示
  • 実例をベースとし、組込みシステムのバグ管理における留意点や勘所を紹介
  • プロセスや体制、管理方法などバグ対策と品質向上への具体策を紹介

構成

はじめに
第1章 バグ管理と本書について
第2章 バグに関連する用語について
第3章 バグ管理プロセス
第4章 バグ管理内容と管理項目
第5章 バグカウントの指針
第6章 バグの分析
コラム

購入方法  

「組込みソフトウェア開発における品質向上の勧め[バグ管理手法編]」の販売は終了しました。