HOME情報セキュリティセミナー・イベントIPA情報セキュリティセミナーIPA情報セキュリティセミナー コース案内

本文を印刷する

情報セキュリティ

IPA情報セキュリティセミナー コース案内

本ページでご案内するコースは標準的なコースです。

社内研修養成

映像で知る情報セキュリティ 社内研修養成コース
主な対象 主に組織内の情報セキュリティ教育担当者、PマークやISMSの事務局担当者、コンプライアンス部門担当者、その他情報セキュリティの最新状況を入門的に理解したい方
概要 IPAが制作した情報セキュリティ啓発映像とプレゼン資料を活用して組織内の情報セキュリティ教育を行う方法を学ぶ。各テーマについて10分程度の映像を上映し、セキュリティ上の脅威と対策についてポイントを絞った解説を行う。受講者が組織に持ち帰り、組織内での情報セキュリティ対策に向けた教育を行うことを目指した実践的コース。
サブコースA:標的型サイバー攻撃対策(1時間)
標的型サイバー攻撃の脅威と対策に関する映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行なう。
<本コースで使用する映像>
・映像A1 「ウイルスはあなたのビジネスもプライベートも狙っている!
・映像A2 「あなたの組織が狙われている!-標的型攻撃 その脅威と対策-」
・映像A3「組織の情報資産を守れ!標的型攻撃対策(経営者編)」
・映像A4「そのメール本当に信用してもいいんですか?標的型攻撃対策(従業員編)」
講演資料
(映像A1,
A2共通)

講演資料
(映像A3)PDF画像

講演資料
(映像A4)PDF画像
サブコースB:スマートフォンセキュリティ(1時間)
スマートフォンのセキュリティ対策に関する映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行なう。
<本コースで使用する映像>
・映像B1「大丈夫?あなたのスマートフォン-安心・安全のためのセキュリティ-」
・映像B2 「あなたのスマートフォン、ウイルスが狙っている!」
講演資料
(映像B1)

講演資料
(映像B2)
サブコースC:制御システムセキュリティ(30分)
制御システムのセキュリティ対策に関する映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行なう。
<本コースで使用する映像>
・映像C「今 制御システムも狙われている! -情報セキュリティの必要性-」
講演資料
準備中
サブコースD:新入社員が知るべき情報漏えいの脅威(30分)
新入社員向け研修として情報漏えいに関する映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行なう。
<本コースで使用する映像>
・映像D「3つのかばん -新入社員が知るべき情報漏えいの脅威-」
講演資料
準備中
サブコースE:適切なSNS利用の心得(30分)
従業員向け研修としてSNS利用における心得に関する映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行なう。
<本コースで使用する映像>
・映像E「あなたの書き込みは世界中から見られてる -適切なSNS利用の心得-」
講演資料
サブコースF:内部不正と情報漏えい対策(30分)
内部不正と情報漏えい対策に関する映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行なう。
<本コースで使用する映像>
・映像F「情報を漏らしたのは誰だ?-内部不正と情報漏えい対策-」
講演資料
サブコースG:パスワードの設定と管理方法(30分)
「パスワード」をテーマにした映像を視聴して頂き、その後に講演資料を用いて補足説明を行う。
<本コースで使用する映像>
・映像G「陽だまり家族とパスワード~自分を守る3つのポイント~」
講演資料

マネジメント関連 (オフィスにおけるセキュリティ等)

情報セキュリティ対策 マネジメントコース
主な対象 中小企業の経営者や管理者で、情報セキュリティ対策の必要性は感じているが、まず何をすべきか分からないという方
概要 重要な情報の保管・持出し・廃棄、ウイルス対策、パソコンやメールを利用する上での注意点、従業者や取引先での機密保持など、中小企業が入門レベルとして最初に取り組むべき情報セキュリティ対策について、「企業(組織)における最低限の情報セキュリティ対策のしおり」に従って解説します。
講演資料 マネジメントコース入門編[2014年度版第1版]PDF
時間 2時間

情報セキュリティ最新動向

情報セキュリティ対策 10大脅威コース
主な対象 企業における情報セキュリティ脅威、および技術面からの対策に関して理解を深めたい方
概要 日々新たな攻撃手法が出現しており、適切な対策をとるためには「敵を知る」ことが大前提となります。 そこで、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など約100名の専門家から知見や意見を集めながら、近年の情報システムを取り巻く脅威について解説した「2016年版 10大脅威」を基に、最近の重大な情報セキュリティにおける脅威の動向と事例を紹介し、それぞれの技術的対策のポイントについて解説します。
講演資料 情報セキュリティ10大脅威 2016」~個人と組織で異なる脅威、立場ごとに適切な対応を~PDF
時間 2時間

システム管理/技術者向け

ウェブサイトを安全に運用するためのポイント ~攻撃者が狙ってくる箇所とその対策方法~
主な対象 ウェブサイト運営(初級向け)、ウェブサイトの攻撃の現状を知りたい方
概要 近年のウェブサイトを狙った攻撃の状況から、ウェブサイトのどのような箇所が攻撃者に狙われるのかを解説し、それに対してウェブサイトの運用者はどう対策を行えばよいのかなどのウェブサイトを安全に運用するためのポイントを紹介します。また、ウェブサイトを狙った攻撃については、デモを交え解説し、ウェブサイトを適切に運用されていない場合の危険性について理解できます。

 ・近年のウェブサイトを狙った攻撃の状況
 ・攻撃者の狙ってくる箇所の解説
 ・ミドルウェアを狙った攻撃 デモ
 ・ウェブサイトを狙った攻撃のデモ
 ・ウェブサイトを安全に運用するためのポイント
参考資料 準備中
時間 2時間
「標的型メール攻撃」に向けたシステム設計策 ~攻略されないシステム設計策の考え方~
主な対象 ・ネットワーク管理者/運用者、業務システム・サーバ管理者/運用者
・業務システム・サーバ管理者/運用者
・システムインテグレータ(システム構築業者)
・システム発注者・企画者
概要 近年深刻な問題となっている標的型メール攻撃について、IPAで分析・検討した情報を基に攻撃の全体像や特徴、システム設計による対策手法について紹介します。また、システム運用を行うにあたり、攻撃者に狙われるシステム運用現場の盲点など、システム設計者・運用者が陥り易い設計の解説と回避策についても紹介します。
参考資料 『標的型メール攻撃』対策に向けたシステム設計ガイド
時間 1.5時間

中小企業支援機関向け

中小企業の情報セキュリティ対策
主な対象 全国の中小企業支援機関
・各都道府県の商工会連合会
・各都道府県の商工会議所連合会
・各都道府県の中小企業団体中央会
・全国の税理士会
・各都道府県のよろず支援拠点
・各都道府県の社会保険労務士会
・各都道府県の中小企業診断(士)協会
概要 中小企業における情報セキュリティの最新動向、中小企業支援機関による中小企業への情報セキュリティ対策の指導方法等を解説します。
(本コースは、中小企業支援機関が中小企業支援者向けに行う内部研修が対象です)
時間 1時間~2時間
詳細 詳しくは「中小企業支援機関向け講師派遣について」をご確認ください。