HOME情報セキュリティIPAテクニカルウォッチ「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」

本文を印刷する

情報セキュリティ

IPAテクニカルウォッチ「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」

最終更新日:2016年3月30日
独立行政法人情報処理推進機構

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、各企業や自治体において無料で利用できる公衆無線LAN環境の更なる整備・拡大が進められています。IPAが昨年実施した「2015年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査」でも、公衆無線LANなどのフリーWi-Fiの利用割合が前年の3倍という結果であり、公衆無線LAN利用者も増加していることがわかります。

このような背景より、公衆無線LANを安全に利用するためにスマホやタブレット端末で公衆無線LANを利用する際の一般的な脅威と対策をまとめたレポート「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」を2016年3月30日に公開しました。下記より「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」についてのレポートPDF版をダウンロードしてご利用いただけます。

本レポートの目次

   1.公衆無線LAN利用者の現状
   2.公衆無線LANに係る脅威
   3.公衆無線LANのセキュリティ対策
   4.まとめ
タイトル 公開日 ダウンロード
公衆無線LAN利用に係る脅威と対策

2016年
3月30日

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター
Tel: 03-5978-7591  Fax: 03-5978-7518  E-mail:

Adobe ReaderPDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。