HOME情報セキュリティ届出・相談・情報提供安心相談窓口だより

本文を印刷する

情報セキュリティ

安心相談窓口だより

第17-04-365号
掲載日:2017年 4月 11日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

安心相談窓口だより

被害低減のための偽警告の手口と対策を紹介する映像コンテンツを公開
~2016年度の偽警告に関する相談件数は昨年度の7.7倍に~

一覧を見る

2016年度にIPAに寄せられた偽警告に関する相談件数は2,624件でした。わずか339件だった2015年度に比べ、相談件数は7.7倍にも増加しています。

偽警告の画面で表示される内容は、電話をかけさせるための何の根拠もない「単なる騙し」にしか過ぎません。警告の内容は鵜呑みにせず、画面を閉じるだけで問題ありません。しかし、その手口は狡猾、かつ巧妙です(※1)。偽警告の被害低減の特効薬は、警告の内容が単なる騙しであることを知り、決して電話をかけないことです。そこで、IPAでは4月3日に偽警告の存在を広く周知させるため、手口と対策を紹介する動画を公開しました(※2)


YouTube:「その警告メッセージ、信じて大丈夫? ブラウザの“偽警告”にご用心!」

これまでに寄せられた相談から、偽警告では次のような3つのステップを経て金銭を詐取していると考えられます。いずれのステップにおいても適切な対策を行わないと、金銭被害が発生する可能性があります。

図1:偽警告で金銭を詐取するまでのステップと基本的な対策
図1:偽警告で金銭を詐取するまでのステップと基本的な対策

ステップ1

インターネットを利用中に、突然“ウイルスに感染している”、“個人情報が流出する”等の警告メッセージで利用者の不安を煽り、表示した番号に電話をかけるように誘導されます。このとき、警告音や警告アナウンスが聞こえる場合もあります。

ステップ2

表示された番号に電話をかけると多くの場合、片言の日本語を話すオペレーターが「パソコンの状況を遠隔操作で確認する」等と説明し、まずは遠隔操作ソフトのインストール方法を案内されます。インストール後は、遠隔操作によって様々な画面を表示させて「パソコンに問題がある」等の説明がなされます。

ステップ3

上記のステップで、本当にパソコンに問題があると信じさせた上で、問題解決のために実施した作業や今後のパソコンサポートを名目に、クレジットカードやプリペイドカードでの支払いを持ちかけられます。

もし電話をかけてしまっても、その後のやりとりにおいて、遠隔操作は許可しない、契約には応じないといった対策で金銭被害は免れますが、最初に電話をかけないことが一番重要です。

また、下記に偽警告の被害に遭ってしまった場合のよくある質問とその回答を示します。

警告画面の表示に関するよくある質問

Q1 パソコンはウイルス感染してしまったのか。
Q2 警告画面が消えない。
Q3 今後、偽警告の画面を出さないようにできないのか

遠隔操作※3に関するよくある質問

Q4 遠隔操作を許可してしまったが、パソコン内のデータや個人情報等は流出してしまっているか。
Q5 一度遠隔操作をされたら、今後も勝手に遠隔操作をされてしまうのか。
Q6 遠隔操作ソフトのアンインストール方法を知りたい。

契約に関するよくある質問

Q7 契約をしてしまったが、契約を解除したい。お金を取り戻したい。
Q8 契約時に伝えた個人情報は悪用されてしまうのか。

残念ながら、偽警告の画面を表示させないようにする有効な対策はありません。被害に遭わないためには事前に偽警告の手口を知り、決して電話をしないことです。そのため、この手口と対策がより広く周知されるよう、安心相談窓口だよりや映像コンテンツが多くのパソコン利用者の目に触れ、被害低減に繋がることを期待します。

 
(※1) 
安心相談窓口だより:偽警告で、また新たな手口が出現
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/mgdayori20170329.html
(※2) 
情報セキュリティ啓発映像 偽警告
http://www.ipa.go.jp/security/keihatsu/videos/20170403-1.html
(※3) 
遠隔操作ソフトは利用目的を理解してインストールを!
https://www.ipa.go.jp/security/txt/2014/11outline.html

更新履歴

2017年4月11日 掲載

本件に関するお問い合わせ先

情報セキュリティ安心相談窓口
 Tel: 03-5978-7509 Fax: 03-5978-7518
 E-mail: 電話番号:03-5978-7509までお問い合わせください。
 技術本部 セキュリティセンター 渡辺(や) 野澤

※記載されている製品名、サービス名等は、各社の商標もしくは登録商標です。