HOME情報セキュリティ届出・相談情報セキュリティ安心相談窓口

本文を印刷する

情報セキュリティ

情報セキュリティ安心相談窓口

「情報セキュリティ安心相談窓口」は、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が国民に向けて開設している、マルウェア(*1)および不正アクセスに関する総合的な相談窓口です。技術的なアドバイスをしますが、相談者のパソコンや情報を調査したり、パソコンを修理したり、犯人を捕まえたりすることは行っていません。

注(*1)コンピュータウイルスのみならず、個人情報を盗むキーロガーやリモートから不正にパソコンを操作するバックドアなどのスパイウェア、強制的に広告を表示するアドウェア、嘘の情報で購入を促す偽セキュリティ対策ソフト、アダルトサイト等の請求画面を表示しつづけるワンクリウェアなど、コンピュータの利用者が意図しない動作をする不正なプログラムの総称

多くの方からご相談をいただく内容については、以下の「よくある相談と回答(FAQ)」に情報を掲載していますので、まずはそれをご覧いただき、その上でご連絡いただきますようお願いいたします。

よくある相談と回答(FAQ)

電話、電子メール、FAX、郵送による相談

上記の「よくある相談と回答(FAQ)」で問題が解決しない場合は、電話、電子メール、FAX、郵送でご相談ください。
直接お越しいただいても対応できませんのでご注意ください。
コンピュータウイルスや不正アクセスと全く関係ない質問や「よくある相談と回答(FAQ)」を読まずにご相談いただいた場合は、相談に応じないことがありますのでご承知置き願います。
ご相談いただく場合、次の情報を事前に整理していただけると、スムーズな回答ができますのでご協力願います。
  • オペレーティングシステムの種類(Windows 7、Mac OS、Linux など)
  • セキュリティ対策ソフトの名称
  • 具体的な症状(メッセージ、ウイルス名、メールタイトル、URLなど)
  • 症状が出た日付、きっかけなど
  • 相談前に行った対策
電話 03-5978-7509
(オペレータ対応は、平日の10時~12時 および 13時30分~17時)
E-mail anshin@アイピーエー.go.jp
※このメールアドレスに特定電子メールを送信しないでください。
FAX 03-5978-7518
郵送 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート センターオフィス16階
IPAセキュリティセンター 安心相談窓口

コンピュータウイルスや不正アクセスの届出

 IPAは、1990年4月に通商産業省(*2)が告示した「コンピュータウイルス対策基準」に基づき、国内のウイルス被害届を受付、国内のウイルス被害状況を発表するとともに、ウイルス対策の注意喚起や啓発活動を行なっています。
 また、1996年8月に通商産業省(*2)が告示した「コンピュータ不正アクセス対策基準」に基づき、国内の不正アクセス被害届を受付、国内の不正アクセス被害状況を発表するとともに、注意喚起や啓発活動を行なっています。
 コンピュータウイルスや不正アクセスの届出にご協力いただける場合は、次のページをご参照ください。

注(*2) 2001年1月6日より、通商産業省は経済産業省に移行しました。

他組織の届出・相談窓口

IPA以外の組織が専門の相談窓口を設置しているテーマにつきましては、それぞれの届出・相談窓口にお問合せいただく方が、より適切な回答を得られることがあります。参考までにURL等を紹介いたします。

当ページ「IPA情報セキュリティ安心相談窓口」へのリンクについて

当ページへのリンクは自由に行って構いません。
但し、「よくある相談と回答(FAQ)」のURLは変更する可能性がありますので、なるべく、http://www.ipa.go.jp/security/anshin/ にリンクするようお願いいたします。

 当ページのリンクにバナーを使用したい場合は、次の画像をご利用ください。

IPA情報セキュリティ安心相談窓口 IPA情報セキュリティ安心相談窓口