HOME情報セキュリティ資料・報告書・出版物調査・研究報告書電子政府推奨暗号の実装評価について

本文を印刷する

情報セキュリティ

電子政府推奨暗号の実装評価について

更新日 2012年12月21日
独立行政法人情報処理推進機構
技術本部 セキュリティセンター

 電子政府システムの安全性・信頼性を確保するためには、十分な安全性と実装性能を有する暗号技術の選択・利用が必要です。この目的のために「電子政府推奨暗号リスト」が2003年2月に発表され、政府機関の情報セキュリティ対策のための統一管理基準(平成24年度版)では使用可能な場合には、リストに掲載された暗号を利用するように定めています。

 電子政府推奨暗号リストは発表時に10年後の改訂が予定されており、IPAが独立行政法人情報通信研究機構(NICT)とともに事務局を務めるCRYPTRECでは2009年度から、改訂のための新規暗号の応募、事務局による暗号推薦、既存の掲載暗号を含むこれら暗号技術の評価を進めてきました。

今回の実装評価はこの改訂作業の一環として実施されたもので、サイドチャネル攻撃用標準評価ボードSASEBO-GII上のFPGAであるXilinx社製Virtex-5 LX50を評価環境として、新規応募暗号を含む技術分類である「128ビットブロック暗号」、「ストリーム暗号」、「メッセージ認証コード」に属する暗号技術を評価対象として実施しました。

調査報告書のダウンロード

本件に関するお問い合わせ先

IPA 技術本部 セキュリティセンター 大熊/近澤

E-mail: 電話番号:03-5978-7550までお問い合わせください。

更新履歴

2012年12月21日 評価報告書を更新しました。
2012年12月11日 掲載