HOMEソフトウェア高信頼化事業内容のご案内重要インフラ分野のシステム障害への対策

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

重要インフラ分野のシステム障害への対策

経験を共有し、みんなの力でIT社会の安全・安心を築くしくみ

  信号機などの交通制御、銀行や証券などの金融業務、インターネットに代表される情報通信など、私たちの生活や社会・経済基盤を支える重要インフラ分野等における情報処理システムの信頼性向上のため、システムの障害事例情報の分析や対策手法の整理・体系化を通して得られる「教訓」を業界・分野を越えて幅広く共有し、類似障害の再発防止や影響範囲縮小につなげる仕組みの構築を目指しています。
  そのために、このようにして導かれる教訓の有用性を示すとともに、障害情報の分析等により導かれる教訓を分野横断で共有するための、障害情報や教訓の共通様式、それらの公開に際しての機密保持等のルールを取りまとめています。また、得られた教訓に基づき、類似障害の再発防止に向けたシステム開発や運用・管理の継続的なプロセス評価・改善手法を取りまとめるとともに、広くその導入を促進する活動に取り組んでいます。

SEC事業案内アニメーション(重要インフラ分野のシステム障害への対策)

「重要インフラ分野のシステム障害への対策」の事業内容をアニメーションで紹介しています。
※SEC事業案内(フルバージョン)の「重要インフラ分野のシステム障害への対策」パートのみの短縮版です。

        ※動画が再生できない場合はこちら

報告書・セミナー・イベントの紹介

活動報告書・調査報告書
教訓のリンク集(ITサービス編)
最近のセミナー資料

関連リンク

委員会活動

 現在、IPA/SEC内に設置されている委員会の紹介や、これまでの会議で用いた資料を掲載しています。