HOME未踏/セキュリティ・キャンプ2008年度下期 採択案件概要

本文を印刷する

未踏/セキュリティ・キャンプ

2008年度下期 採択案件概要

1.担当PM

 勝屋 久PM(Venture BEAT Project 主宰)

2.採択者氏名

 チーフクリエータ:中野 恭兵(株式会社ミクシィ 開発部アプリケーション開発グループ)

 コクリエータ:なし

3.未踏プロジェクト管理組織

 日本エンジェルズ・インベストメント株式会社

4.採択金額

 3,500,000円

5.テーマ名

 コード進行をベースとしたセミオートマチックな作曲ライブラリの開発

6.関連Webサイト

 なし

7.申請テーマ概要

 コード進行をベースとしたセミオートマチックな作曲システム(フレームワーク)を開発します。これは全自動の作曲システムではなく、ユーザの作曲作業を支援するものです。具体的には。ユーザからコード進行とビートパターン(どこで音が鳴るか)、その他付加情報(テンポ/音色)を入力として受け取り最終的にMIDIファイルを出力するものです。どのように音を選ぶかのロジックは開発者が追加することが可能です。
 このシステムを使用することで、以下のような貢献が出来ます。
1. 音楽の教養が無い人たちの作曲作業を容易にする
2. ある特定の分野の音楽に関して、ある程度の揺らぎをもった自動生成が可能になります。
 また楽曲作成のコアとなるエンジン部分はそのパーツが差し替え可能となっており、様々なテイストのエンジンを追加することが可能です。
 現在Perlモジュールとして開発中のプロトタイプを発展させより精度を上げていくとともにWebアプリケーションを通じで誰もが使える環境を構築する。

8.採択理由

 本提案プロジェクトであるコード進行をベースとしたセミオートマティクな作曲ライブラリーは音楽の教養がない人達が容易の音楽製作が可能となるわけだが、面談においてみたperlモジュールとして開発中のプロトタイプをより発展させ、精度を上げWebアプリケーションでユーザーが使える環境を構築する。社会での広がりの観点を考慮し、未踏のテーマとしては技術面そしてビジネスモデルを構築する面において挑戦的であるが試みる価値はあると考えられる。未だ競合しそうな対象はなく、未踏のテーマとしても良いと考えられる。

未踏/セキュリティ・キャンプ