HOME未踏・セキュリティキャンプ2008年度上期 採択案件概要

本文を印刷する

2008年度上期 採択案件概要

1.担当PM

 田中 二郎PM(筑波大学大学院 システム情報工学研究科 教授)

2.採択者氏名

 チーフクリエータ:玉城 絵美(東京大学大学院 学際情報学府・博士後期課程1年)

 コクリエータ:なし

3.未踏プロジェクト管理組織

 株式会社オープンテクノロジーズ

4.採択金額

 4,000,000円

5.テーマ名

 直感的な操作のための3次元ジェスチャ認識ライブラリの開発

6.関連Webサイト

7.申請テーマ概要

 本プロジェクトの目的は,単眼カメラによる3次元ハンドジェスチャ認識システムを汎用的な統合開発環境Processingで動作するライブラリとして移植を行い,公開することである.同ライブラリを用いることにより,ハンドジェスチャを基盤とした研究を容易に構築可能となる.
  3次元ハンドジェスチャ認識システムとは,カメラで手指を撮影し,その手指の形状を3次元で認識するシステムのことである.提案者は,既に高速で高精度な認識アルゴリズムを確立している.しかし,データグローブなどの高価な機材が必要である上に,現在は特定のOS環境上でしか動作しない.そこで,データグローブの代わりに手のCGモデルを用いてデータベースを作成できるシステムを構築し,様々なプラットフォームで利用されているProcessingライブラリへの移植を行う.
  本プロジェクトの成果としては,複合現実感上での操作,仮想体験システム上での操作や遠隔会議システム上でのファイルや仮想物体の共有操作などの開発環境の基盤になると考えられる.また,手話のリアルタイム翻訳,遠隔手術システム,ロボット操作やロボットビジョンによる人の動作学習などの応用研究も期待できる.

8.採択理由

 研究テーマとして興味深い。やろうとしていることや成果をライブラリとして公開することについても大いに評価できる。未踏のテーマとしてみた場合、やや応用イメージが弱い。応用システムやデモシステムについても試作することを採択の条件とする。

未踏・セキュリティキャンプ