HOMEソフトウェア高信頼化SEC journal最新号とバックナンバー

本文を印刷する

ソフトウェア高信頼化

最新号とバックナンバー

SEC journal(購読申込・送付先変更) |  最新号とバックナンバー |  SEC journal論文募集 |  SEC journal論文賞

最新号のご案内

SEC journal49号  (2017年7月1日発行)
今号のおすすめは、次の内容です。
  1. 所長対談では南デンマーク大学のエリック・ホルナゲル教授にお話を伺いました。
    日々複雑さを増しているIoTの時代には、従来の安全のとらえ方では十分ではなくなっています。ホルナゲル教授の提唱するレジリエンスエンジニアリングについてその成り立ちや考え方を紹介します。
  2. 特集は「SEC 2016年度活動概要」です。
    2016年度はIPA第三期中期計画の4年目の年にあたり、最終年度での着実な事業目標達成を見据えて活動してきました。本特集では、「社会全体を支える情報処理システムの信頼性向上」を目指した2016年度のSECの主な成果を紹介しています。

SEC journal 49号 PDF版一括ダウンロードPDF文書[13MB]
※ダウンロードファイルのお取り扱いについては注意事項をお読みください。

※P35 表1「IoT高信頼化の要件と機能」の表記に誤りがありました。ご迷惑おかけし申し訳ございません。
 正しい表記につきましてはこちらPDF文書をご覧ください。(PDF版については、修正内容を反映済です。)

目次

◀前号へバックナンバー一覧へ

※目次から記事ごとのPDFデータをダウンロードいただけます。

種別 タイトル 著者名
巻頭言 国際規格SQuaREシリーズの活用促進(PDF IT検証産業協会(IVIA) 会長
藤井 洋一
1
所長対談 IoT時代に求められるレジリエンスエンジニアリングの考え方(PDF 南デンマーク大学 エリック・ホルナゲル
SEC所長 松本 隆明
2
論文 CMMI成熟度レベル別に見たソフトウェア品質の良否にかかわる要因の複合的分析(PDF 日本電気株式会社 柳田 礼子/誉田 直美
東洋大学 野中 誠
8
論文 要求仕様の一貫性検証支援ツールの提案と適用評価(PDF 工学院大学 位野木 万里/近藤 公久 16
論文 実践的保証ケース作成方式(PDF 名古屋大学 山本 修一郎/森崎 修司
京都大学 渥美 紀寿
24
特集 IoT時代の安全安心に向けて(PDF SEC 中尾 昌善 32
特集 「つながる世界の開発指針」の普及展開(PDF SEC 宮原 真次/小崎 光義/丸山 秀史/
遠山 真/西尾 桂子
33
特集 「『つながる世界の開発指針』の実践に向けた手引き[IoT高信頼化機能編]」の策定(PDF SEC 小崎 光義/丸山 秀史/宮原 真次 34
特集 IoTの高信頼化に向けた分野間連携実証実験(PDF SEC 丸山 秀史/小崎 光義/宮原 真次
36
特集 「つながる世界の利用時品質」の策定(PDF SEC 西尾 桂子/遠山 真/宮原 真次 38
特集 システムズエンジニアリングの推進(PDF SEC 齊藤 善治/西原 栄太郎/室 修治 41
特集 大規模・複雑システムの障害原因診断手法(PDF SEC 三原 幸博/十山 圭介/石井 正悟/
松田 充弘
42
特集 システム理論に基づく新しい安全性解析手法STAMP/STPA(PDF SEC 三原 幸博/石井 正悟/十山 圭介/
松田 充弘/三縄 俊信/八嶋 俊介/
金子 朋子
43
特集 制御システム セーフティ・セキュリティ検討活動(PDF SEC 石田 茂/細目 紀子/中谷 博司 45
特集 重要インフラ等システム障害対策(PDF SEC 三縄 俊信/目黒 達生/村岡 恭昭/
八嶋 俊介/三原 幸博/松田 充弘/
山下 博之
47
特集 定量的管理による信頼性・生産性向上(PDF SEC 峯尾 正美/佐伯 正夫/森下 哲成/
塚元 郁児/三原 幸博/松田 充弘/
田代 宣子/山下 博之
50
特集 コーディング作法ガイド(ESCR)整備の取り組み(PDF SEC 三原 幸博/十山 圭介 53
特集 上流工程の強化(PDF SEC 山本 英明/村岡 恭昭/山下 博之 54
特集 ソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業について(PDF SEC 小沢 理康 56
特集 プロモーション活動(PDF SEC 佐藤 康彦 57
特集 産業サイバーセキュリティセンターの取り組み(PDF IPA 産業サイバーセキュリティセンター 片岡 晃 58
報告 米国における有力組織との意見交換(PDF SEC 八嶋 俊介/峯尾 正美
小崎 光義/山田 彩歌
60
報告 CeBITへのIPA出展について(PDF SEC 和田 恭/新谷 勝利
IPA HRDイニシアティブセンター
林口 英治
62
報告 米国 STAMP Workshop2017参加報告(PDF SEC 十山 圭介/金子 朋子 63

バックナンバー

号数(発行日) 内容
詳細
第48号
(2017年3月1日)
所長対談:IoT時代におけるシステムズエンジニアリングの重要性
特集:システムズエンジニアリング
詳細
第47号
(2016年12月1日)
所長対談:つながる世界の情報セキュリティと人材育成を考える
特集:セキュリティ設計・高信頼化設計
詳細
第46号
(2016年9月1日)
特集:組込みソフトウェア開発
所長対談:新たな時代を担う組込みシステムの技術者に求められるものとは
詳細
第45号
(2016年7月1日)
特集:SEC2015年度活動概要
所長対談:人工知能と人間の共進化
解説:システム理論に基づくアクシデントモデルSTAMP
詳細
第44号
(2016年3月1日)
特集:IoT 時代に求められる開発スタイル
所長対談:IoTは本物か?
論文賞:SECjournal 論文賞 受賞論文発表
詳細
第43号
(2015年12月1日)
特集:IoT時代のつながる世界
所長対談:農業現場におけるIT活用の可能性
技術解説:i コンピテンシ ディクショナリを活用した組織力強化
詳細
第42号
(2015年9月1日)
連載:SWEBOK V3.0 日本語訳版の連続紹介−3の3
所長対談:車載ソフトウェア開発の今後の方向性
詳細
第41号
(2015年7月1日)
特集:SEC2014年度活動概要
所長対談:IoT時代のイノベーションを支えるエンジニアリング
連載:SWEBOK V3.0 日本語訳版の連続紹介−3の2
詳細
第40号
(2015年3月1日)
論文賞:SECjournal 論文賞 受賞論文発表
所長対談:システムズエンジニアリングの最前線
連載:SWEBOK V3.0 日本語訳版の連続紹介−3の1
詳細
第39号
(2015年1月31日)
特集:品質について考える
所長対談:英国の鉄道業界にみるヒューマンエラーとシステム安全性の取り組み
詳細
別冊10周年特別号
(2014年11月1日)
寄稿集:IT 社会の変化、IT 技術の変遷、安全・安心、IT 人材育成
SEC10年の歩み:SEC 成果報告一覧、SEC journal 掲載論文一覧
詳細
第38号
(2014年9月30日)
特集:安全・安心なIT 社会を目指して
所長対談:IT による鉄道システムのイノベーションについて考える
詳細
第37号
(2014年7月1日)
特集:SEC2013年度活動概要
所長対談:ソフトウェア産業の活性化と変革への道筋
詳細
第36号
(2014年3月31日)
所長対談:世界をリードするソフトウェア・エンジニア像とは?
技術解説:SWEBOK V3.0の紹介
詳細
第35号
(2014年1月31日)
論文賞:SECjournal 論文賞 受賞論文発表
技術解説:アシュアランス技術を用いた鉄道信号の革新
詳細
第34号
(2013年9月30日)
連載:情報システムの障害状況 2013年前半データ
国際標準:ソフトウェア技術の国際標準化とSEC
詳細
第33号
(2013年7月31日)
特集:SEC2012年度活動概要
連載:FP計測手法におけるFP規模と工数の相関の差
詳細
第32号
(2013年3月1日)
技術解説:ソフトウェア組込み型デバイス製品のための機能安全活動の実践とその成果
解説:共通フレーム2013概説、ESQR導入事例紹介
詳細
第31号
(2012年12月14日)
所長対談:岐路に立つ日本のソフトウェア開発、その方向性について考える
解説:非ウォーターフォール型(アジャイル)開発の動向と課題
詳細
第30号
(2012年9月28日)
インタビュー:グローバルビジネスから見た組込みソフトウェアの課題と解決策を考える
技術解説:共通キャリア・スキルフレームワークとは
詳細
第29号
(2012年6月29日)
所長対談:クラウド時代のソフトウェア開発と技術者像を考える
特集:SEC2011年度活動概要
詳細
第28号
(2012年3月30日)
所長対談:スマートエネルギーネットワークの実現とITの役割を考える
連載:情報システムの障害状況 2011年後半データ
詳細
第27号
(2012年1月12日)
所長対談:「外部と繋がる車」がもたらす未来とITが果たす役割を考える
連載:情報システムの障害状況 2011年前半データ
詳細
第26号
(2011年10月13日)
所長対談:デジタル・ネット時代の知の基盤を考える
連載:情報システム障害状況 2010年データ
詳細
第25号
(2011年6月30日)
所長対談:災害に強い情報システムのあり方を考える
特集:SEC2010年度活動概要
詳細
第24号
(2011年3月31日)
所長対談:ソフトウェアの信頼性に関する説明責任と品質監査のあり方について考える
論文:検出漏れの無い割込み干渉検出システムの開発
詳細
第23号
(2011年1月14日)
所長対談:ユーザビリティを基軸にしてITシステムの安心・安全を実現する手法を考える
特設記事:SECにおける国際学術活動展開
詳細
第22号
(2010年10月25日)
所長対談:新しい社会サービスの実現に向けてその課題と解決策を考える
技術解説:九州工業大学におけるパーソナルソフトウェアプロセス教育
詳細
第21号
(2010年6月30日)
所長対談:ビジネス変革に向けたITの開発体制と活用策について考える
特集:SEC2009年度活動概要
詳細
第20号
(2010年3月31日)
所長対談:これからの企業のIT活用の方向とCIOの役割を考える
報告:ITプロジェクトを「見える化」するチェックシート
詳細
第19号
(2009年12月28日)
所長対談:米国から見た日本のIT教育とCIOの役割
論文賞:SEC journal論文賞 受賞論文発表
詳細
ESxR特集号
(2009年11月16日)
Part 1:ソフトウェア開発力強化のすすめ方
Part 2:ESxRを活用した品質・開発効率の改善
詳細
第18号
(2009年9月30日)
特集:実践活用へ向けて活発化するSECの『定量的アプローチ』
事例解説:発注者視点からの工程別エラー管理指標の導入
詳細
第17号
(2009年6月30日)
特集:SEC2008年度活動概要
論文:問題形成から受入れ検査までを含んだPBL型ソフトウェア開発研修とその評価
詳細
ETSS特集号
(2009年4月30日)
ユーザ事例:車両制御ソフトの技術者の育成への取り組み
国際動向:スキルマネジメントの技術確立に向けた国際レベルの標準化
詳細
第16号
(2009年3月31日)
第1特集:本格的普及フェーズに入ったETSS
第2特集:ソフトウェア開発プロジェクト計測プラットフォームEPMの今
詳細
第15号
(2008年12月26日)
所長対談:中国におけるソフトウェア技術者育成とプロセス改善の課題・解決策を考える
論文賞:SEC journal論文賞発表
詳細
第14号
(2008年9月30日)
所長対談:大規模化・複雑化する自動車搭載ソフトウェアの課題と今後の方策を考える
特集:SEC2007年度活動概要
詳細
第13号
(2008年2月29日)
所長対談:プライオリティが恒常的に変化するビジネスアプリケーション開発に効果を発揮するアジャイルプロセス
報告:CoBRA法に基づく工数見積りモデル構築への取り組み
詳細
第12号
(2008年1月15日)
論文賞:「SEC journal」論文賞 受賞論文発表
技術解説:非機能要求記述への取組みについて
詳細
第11号
(2007年9月28日)
所長対談:ソフトウェア開発における形式手法の適用と普及の方策を考える
論文:メモリリーク検出システム λ trace
詳細
第10号
(2007年5月28日)
所長対談:企業情報システムにおける「境界のない情報の流れ」の構築に向けて
特集:SEC2006年度活動概要
詳細
第9号
(2007年2月26日)
所長対談:ソフトウェア産業はビジネスモデルの変革を目指せ
所長対談:システムコンサルティングとシステム開発はIT経営の両輪 さらなる人材の育成が急務
詳細
第8号
(2006年11月30日)
所長対談:プロダクトラインエンジニアリングの普及に向けて
論文の歩き方:ソフトウェア・エンジニアリング実証論文をよむ
詳細
第7号
(2006年9月11日)
所長対談:IECとSECとが協力して機能安全の国際的な相互認証のスキーム確立を目指そう
技術解説:ソフトウェアプロダクトライン開発の概要
詳細
第6号
(2006年4月28日)
所長対談:「失敗学」の視点からソフトウェア開発の課題と解決策を考える
特集:SEC2005年度活動概要
詳細
第5号
(2006年1月31日)
所長対談:複雑化と短期開発要求が進展する組込みソフトウェアの課題を解決する道を示す
論文:第4世代のテスト・プロセス
詳細
第4号
(2005年11月4日)
論文賞:「SEC journal」創刊記念論文 優秀賞受賞論文発表
論文賞:開発現場の実態に基づいたピアレビュー手法改善と改善効果の定量的分析
詳細
第3号
(2005年8月5日)
論文:プロジェクトデータ分析の指針と分析事例
技術解説:ソフトウェア・アーキテクチャに関する技術動向
詳細
第2号
(2005年4月25日)
所長対談:車載用組込みソフトウェアの開発にソフトウェア工学を取り込む
技術解説:ソースコードの品質向上技術
詳細
創刊号
(2005年1月25日)
論文:ソフトウェア開発負荷見積り式の汎用化の提案
技術解説:エンタプライズ系ソフトウェア開発の課題
詳細