HOME情報セキュリティ資料・報告書・出版物開発成果紹介ストリーム暗号安全性検証用グレブナー基底計算プログラムの開発

本文を印刷する

情報セキュリティ

ストリーム暗号安全性検証用グレブナー基底計算プログラムの開発

更新日 2005年 7月 7日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター

電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。

実施者

開発成果の概要

 電子政府システムにおいて高い安全性を維持・確立するためには、数学的な安全性評価が不可欠となっている。そのため、ストリーム暗号のalgebraic attackに対する安全検証方法についての研究を行う必要がある。
 近年の内外における研究結果を見ると、全てのalgebraic attackはグレブナー基底の話に帰着することが証明されている。このような状況から、algebraic attackに対する安全性検証を行うにあたり、グレブナー基底計算アルゴリズムの開発を行うことが不可欠である。

 我が国のセキュリティ評価技術の向上に資するため、本開発ではフランスのFaugere氏が提案した、グレブナー基底計算アルゴリズムにおいては現在(2004年9月)世界最速のF4,F5アルゴリズムを、IPAの所有する暗号技術監視用グリッドコンピュータへ実装し、暗号アルゴリズム評価を実現する。

ソフトウェアのダウンロード

報告書等のダウンロード

更新履歴

2005年 7月 7日 ソフトウェアのダウンロードを追加
2005年 4月25日 掲載