(旧)オープンソフトウェア・センター2007年度「自治体等におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての導入実証」成果 OSS活用による統合運用基盤構築に向けた実証実験

本文を印刷する

2007年度「自治体等におけるオープンソースソフトウェア活用に向けての導入実証」成果 OSS活用による統合運用基盤構築に向けた実証実験

 秋田県庁では、平成17年度より継続して「効率的なIT化の推進」を実施しています。こうした背景の中で、施策の一つとして構築を検討しているシステムの「全体共通基盤」の1機能である「システム監視の統合」に着目し、OSSのシステム監視ツールである「Hinemos」を使用した「共通監視基盤」システムを構築しました。さらに、全システムの統合監視実現に向けて、現状ではシステムごとにベンダー固有の監視ツールで運用監視している監視項目の中から共通の監視項目を抽出し、全体で約150あるシステムの中の100システムに対してこの共通監視項目による統合監視の実証を行いました。その結果、「死活」、「ログ」、「性能」といった監視項目については統合監視が可能であり、かつ、運用コストも現状と比較して大幅に削減出来る可能性が実証されました。

成果報告書

実施企業

株式会社アチカ (旧株式会社イトダコンピュータは株式会社アチカと合併)

総合運用管理システム

実施自治体

秋田県