HOME国家資格「情報処理安全確保支援士」制度セミナー「今なすべきサイバーセキュリティ対策とそれに必要な人材とは~求められる人材像と情報処理安全確保支援士制度について~」(2018年6月12日開催)

本文を印刷する

国家資格「情報処理安全確保支援士」制度

セミナー「今なすべきサイバーセキュリティ対策とそれに必要な人材とは~求められる人材像と情報処理安全確保支援士制度について~」(2018年6月12日開催)

最終更新日:2018年8月24日

登録セキスペロゴマーク 社会のITソリューションへの依存度が高まる中、社会全体としてサイバー攻撃による脅威が増しています。また、国際社会では、多額の制裁金が課せられる法令(NIS指令やGDPRなど)が次々と施行され、企業・組織が抱えるリスクはサイバー攻撃を受けることのみにとどまらなくなっており、リスクマネジメントとしてサイバーセキュリティ対策に取り組む重要性は増すばかりです。

この取り組みのためには、自社事業を取り巻く環境や現在求められるセキュリティ対策について、適切に情報収集を行い、充分な対応を推進していく体制が重要です。本セミナーでは、そのような体制構築に欠かせない「人材」を切り口に、必要な人材像やその育成・確保手段の一つである情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度など、サイバーセキュリティ対策に取り組む企業・組織の方々に有用な視点や情報をご紹介します。

>>390名の方にご参加いただき、盛況にて終了いたしました。ありがとうございました。<<
>>セミナー開催レポートを公開しました(講演映像、講演資料も公開しています) <<

セミナー詳細情報

◆開催日時  2018年6月12日(火)13:30~17:00
◆会場    東京大学 伊藤謝恩ホール(最寄駅:本郷三丁目) アクセス
◆対象者   ・経営者の方
       ・サイバーセキュリティ対策責任者の方
       ・サイバーセキュリティ関連事業統括者の方
       ・技術者の育成や採用担当の方
◆定員    300名  ※お申込み受付は先着順です。お早めにお申し込みください。
◆受講料   無料(事前登録制)
◆共催    産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会(CRIC-CSF)
◆後援    経済産業省
       サイバーセキュリティ戦略本部
       一般社団法人日本経済団体連合会
       特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)
       特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)

※本セミナーのチラシ(PDF)はこちらからダウンロードできます。

プログラム

時間 内容 登壇者
13:30~ 開会挨拶 IPA
経済産業省
13:40~ 基調講演
今、経営者はサイバーセキュリティとどう向き合うべきか
デロイトトーマツリスクサービス株式会社 代表取締役社長
丸山 満彦 様
 14:30~

講演
CRIC-CSFが検討を進めているサイバーセキュリティとセキュリティ統括人材像
ユーザー企業に必要と考えられるサイバーセキュリティ体制やその中核となる人材像、更に登録セキスぺに期待する役割や業務について、ご講演いただきます

産業横断サイバーセキュリティ
人材育成検討会(CRIC-CSF)
15:00~ 休憩  
15:10~ パネルディスカッション
ビジネスプロセスとサイバーセキュリティ対策
産業横断サイバーセキュリティ
人材育成検討会
 JXアイティソリューション株式会社
 住友化学株式会社
 トヨタ自動車株式会社
 全日本空輸株式会社 他
 16:20~ 講演
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度とは
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)制度のねらいや仕組み、登録状況や講習内容などをご紹介いたします

 IPA HRDイニシアティブセンター
情報処理安全確保支援士グループ

 16:55~  閉会挨拶 IPA

講演資料

お申込みについて

関連情報