基礎知識編
目次に戻る
基礎知識編
扉
ウイルスを知る
感染時の症状を知る
感染を防ぐ
ウイルスに感染したパソコンを救う
発見したら届け出る
届出様式
記入例
ウイルス関連Q&A集
メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得
安易なダウンロードがもたらす大きな被害について
トピックス編へ
資料編へ
不正アクセス防止編へ


IPAのご紹介
タイトル
   コンピュータウイルスに関する届出
コンピュータウイルスを発見、またはコンピュータウイルスに感染した場合には、感染被害の拡大と再発防止に役立てるために、IPAに届出をしてください。

届出の際は、以下の届出様式をご使用ください。届出は、郵送、FAX、E-mail、Webにて受けつけております。

・郵送、FAX、E-mail用
届出様式記入例
Excel形式  CSV形式

複数の届出をまとめてお送りいただける場合は、Excel形式あるいはCSV形式のファイルをダウンロードしてご利用ください。Excel形式の場合はシートごとに記入項目を用意しております。CSV形式の場合は、届出様式を本文(表紙)とし、異なる項目(ウイルス名や発見年月日等)をご記入のうえ、お送りください。



また、IPAは被害を最小限にくい止めるための適切な対処方法についても、ご相談に応じます。



届出は、感染被害の拡大と再発防止のための大変貴重な資料となります。

記載されているプライバシーに関する情報を公表することはありませんので、届出へのご協力をお願いいたします。
   届出の送付先住所等
住 所 〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート センターオフィス16階
IPAセキュリティセンター
FAX 03-5978-7518
E-mail virus@ipa.go.jp
   コンピュータウイルス110番
コンピュータウイルスの相談窓口としてコンピュータウイルス110番の電話を設けております。

コンピュータウイルスに関連のあることは何でもご相談下さい。

電話番号  03-5978-7509
受付時間  平日 10:00〜12:00、13:30〜17:00



また、上記相談はE-mailでも受け付けています。

E-mail : virus@ipa.go.jp
   コンピュータウイルスの届出件数
1990年4月に通商産業省(※)が告示した「コンピュータウイルス対策基準」に基づき、IPAが届出機関に指定されてから2007年12月までに受理した届出件数は、270,488件となっています。

クリックすると拡大した図を別ウインドウで表示します。

図1 コンピュータウイルスの届出件数の年別推移。


受理した届出は、個別に届出者への対応を行うとともに、各種団体、教育研究機関等の学識経験者からなる「コンピュータウイルス対策委員会」によって内容調査及び対策の検討を行います。

また、被害状況の調査及び検討結果を、届出者のプライバシーを侵害することがないように配慮した上で、定期的に公表しています。

(※)2001年1月6日より、通商産業省は経済産業省に移行しました。

ページの先頭へ

© 2008 Information-technology Promotion Agency, Japan
All rights reserved.