基礎知識編
目次に戻る
基礎知識編
扉
ウイルスを知る
感染時の症状を知る
感染を防ぐ
ウイルスに感染したパソコンを救う
発見したら届け出る
ウイルス関連Q&A集
メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得
安易なダウンロードがもたらす大きな被害について
トピックス編へ
資料編へ
不正アクセス防止編へ


IPAのご紹介
タイトル
コンピュータウイルスとは、プログラムに寄生する極めて小さなプログラムであり、自分自身を勝手に他のプログラムファイルにコピーする事により増殖し、コンピュータウイルス自身にあらかじめ用意されていた内容により予期されない動作を起こす事を目的とした特異なプログラムです。
   コンピュータウイルスの定義
経済産業省が告示した「コンピュータウイルス対策基準」においては、コンピュータウイルスの定義を、『第三者のプログラムやデータベースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、次の機能を一つ以上有するもの』としております。

1) 自己伝染機能
自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して自らを他のシステムにコピーすることにより、 他のシステムに伝染する機能
2) 潜伏機能
発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、条件が満たされるまで症状を出さない機能
3) 発病機能
プログラムやデータ等のファイルの破壊を行ったり、コンピュータに異常な動作をさせる等の機能



© 2008 Information-technology Promotion Agency, Japan
All rights reserved.