HOME >> 情報セキュリティ >> ウイルス対策 >> ウイルスの発見届出状況 >> 記事

コンピュータウイルスの届出状況について

2003年11月5日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

W32/Swenウイルス届出増加!!

1. コンピュータウイルス届出状況

情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年10月のコンピュータウイルスの届出状況をまとめた。

10月の届出件数は、1,602件と9月の1,794件より減少したが、2003年の月平均約1,400件を上回る状況となった。

W32/Swenウイルスに騙されるな!!

2003年9月に出現したW32/Swen ウイルスの届出が506件(9月219件)と倍増した。このウイルスは、修正プログラムの適用を促すメッセージを本文に記載し、送信者アドレスを Microsoft とすることで、あたかも Microsoft からの通知のように装っている。

以下のような名称の添付ファイルを実行すると、修正プログラムをインストールするという偽のメッセージ(下図)を表示し、ウイルスに感染したことに気付かせないようにしている。また、感染するとワクチンソフトなどのセキュリティ製品の動作を停止させるため、ウイルスに感染しているかどうかの検査をすることすらできなくなってしまう。

W32/MSBlasterの出現以後、セキュリティホールを解消する意識が高まったなかで、ユーザーの心理を突いた巧妙な手口が使われており、騙されないよう細心の注意が必要である。

例 添付ファイル名: install75.exe、Patch171.exe、Q762698.exe、Update2333.exe
件名: 「Last Critical Update」、「Current Upgrade」 など。

Microsoft Internet Update Pack のアラートウィンドウを表し、中には This will install Microsoft Security Update.Do you wish to continue? とあり、YesとNoのボタンがある。

左図のメッセージが表示された時点で、ウイルスに感染!

「No」を選択しても手遅れ


感染してしまった場合は、W32/Swen ウイルス専用の修復ツールを利用することが必要である。修復ツールはワクチンベンダーから無償で提供されており、各ベンダーのWeb サイトからダウンロードすることができる。IPAのサイトにて紹介しているので、参照されたい。

感染していないが、まだ対策をとっていない場合は、最新のワクチンソフトによる対策を実施することが必要である。ワクチンソフトを利用することで、ウイルスが動作する前に発見することができ、感染を未然に防ぐことが可能である。

なお、ワクチンソフトには、ウイルスを検出するためのデータファイルが用意されている。このファイルの更新をしないと、新しく出現したウイルスを発見することが困難になるので、1週間に1度は更新することを推奨する。

2. 今月の呼びかけ:「セキュリティホールの解消を!!」
− 新たなワームが出現する可能性も! −

セキュリティホールを悪用したウイルスや不正アクセスによる被害は数多く報告されている。8月には、Windowsのセキュリティホールを悪用した W32/MSBlasterが出現し、世界中に被害を拡大した。

その後も深刻なセキュリティホールが報告されており、第2の W32/MSBlaster が出現する可能性も十分考えられる。セキュリティホールを放置したままでは、同様の被害に遭ってしまうので、下記の手順によりセキュリティホールの解消を早急に行って頂きたい。

また、次々に報告されるセキュリティホールに関する情報を収集し、出来るだけ早急に対処できるよう心がけて頂きたい。

3. ウイルス届出の詳細

グラフは届出件数の月別推移を表し、2001年は24261件で1月は2440件で、2月は1567件で、3月は1476件で、4月は1236件で、5月は1515件で、6月は1335件で、7月は1738件で、8月は2809件で、9月は2238件で、10月は1241件で、11月は2766件で、12月は3900件を示している。2002年は20352件で1月は2283件で、2月は1439件で、3月は1460件で、4月は2012件で、5月は2410件で、6月は1965件で、7月は1781件で、8月は1756件で、9月は1193件で、10月は1510件で、11月は1408件で、12月は1135件を示している。2003年は14187件で1月は1158件で、2月は1052件で、3月は1187件で、4月は1110件で、5月は1458件で、6月は1401件で、7月は1411件で、8月は2014件で、9月は1794件で、10月は1602件を示している。

1)10月、届出のあったウイルスは41種類であった。

(Windows/DOS ウイルス1,509件、マクロウイルス及びスクリプトウイルス93件。)
(*)印は今月の新種ウイルスを示す。

Windows、DOSウイルス 届出件数 マクロウイルス 届出件数
 W32/Swen 506  XM/Laroux 11
 W32/Klez 312  W97M/Divi 5
 W32/Sobig 142  WM/Cap 2
 W32/Mimail  134  W97M/Ethan  2
 W32/Bugbear 133  XF/Sic  2
 W32/Fizzer 52  W97M/X97M/P97M/Tristate  1
 W32/Welchia 45     
 W32/Gibe 35    
 W32/MSBlaster 27    
 W32/Nimda 20       
 W32/Hybris 19      
 W32/Opaserv 17 スクリプトウイルス 届出件数
 W32/Lovgate 9  VBS/Redlof 42
 W32/Yaha 9  Wscript/Fortnight 17
 W32/Badtrans 7  VBS/LOVELETTER 6
 W32/Frethem 7  VBS/Netlog 4
 W32/Valla 6  VBS/Haptime 1
 W32/CIH 5    
 W32/Ganda 4    
 W32/Funlove 3    
 W32/Mumu 3  
 W32/Antinny 2      
 W32/Gaobot (*) 2      
 W32/Magistr 2     
 W32/Sircam 2     
 W32/Spaces 2    
 Anti-CMOS 1      
 W32/CodeRed  1          
 W32/Dupator  1         
 W32/Slanper (*) 1    

備考:件数には亜種の届出を含む

注) ウイルス名欄で、各記号はそれぞれの下記ウイルスを示す。

記号 対象ウイルス
WM MSword95(WordMacroの略)
W97M MSword97(Word97Macroの略)
XM、XF MSexcel95、97(ExcelMacro、ExcelFormulaの略)
X97M MSexcel97(Excel97Macro)
W97M/X97M/P97M  MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97(Word97Macro、Excel97Macro、PowerPoint97Macroの略)
W32 Windows32ビット環境下で動作
VBS VisualBasicScriptで記述
Wscript WindowsScriptingHost環境下で動作(VBSを除く)
Solaris Solaris環境下で動作
FreeBSD FreeBSD環境下で動作
Linux Linux環境下で動作

2)届出の届出者別件数は次のとおりである。一番多い届出は、一般法人ユーザからのもので、約93%を占めている。

届出者 届出件数
2003/10 2003年合計 2002年合計
一般法人ユーザ 1,495 93.3% 12,129 85.5% 15,313 75.2%
教育・研究機関 11 0.7% 879 6.2% 1,914 9.4%
個人ユーザ 96 6.0% 1,179 8.3% 3,125 15.3%

3)届出の地域別件数は次のとおりである。関東地方が最も多く、続いて近畿地方、中部地方の順となっている。

地域 届出件数
2003/10 2003年合計 2002年合計
北海道地方 7 0.4% 50 0.3% 311 1.5%
東北地方 43 2.7% 253 1.8% 534 2.6%
関東地方 820 51.2% 8,975 63.3% 12,986 63.8%
中部地方 325 20.3% 1,750 12.3% 1,894 9.3%
近畿地方 236 14.7% 2,382 16.8% 3,254 16.0%
中国地方 11 0.7% 224 1.6% 365 1.8%
四国地方 3 0.2% 46 0.3% 151 0.7%
九州地方 157 9.8% 507 3.6% 857 4.2%

4)届出から感染経路を区分けすると次の表のようになる。海外からのメールも含めたメールにより感染したケースが最も多く、届出件数の約90%を占めている。

感染経路 届出件数
2003/10 2003年合計 2002年合計
メール 1,408 87.9% 11,246 79.3% 17,107 84.1%
海外からのメール 32 2.0% 1,640 11.6% 2,660 13.0%
ダウンロード(※1) 14 0.9% 147 1.0% 121 0.6%
外部からの媒体 22 1.4% 188 1.3% 119 0.6%
海外からの媒体 0 0% 3 0% 4 0%
不明・その他(※2) 126 7.8% 963 6.8% 341 1.7%

(※1)ホームページからの感染を含む (※2)ネットワーク経由を含む。

5)届出のあったウイルスが感染させたパソコンの台数は次のとおりである。感染台数の欄0台は、FDのみの感染またはファイルのみの感染を示し、事前の検査により、パソコンに感染する前にウイルスを発見したものである。

感染台数 届出件数
2003/10 2003年合計 2002年合計
0台 1,525 95.2% 13,106 92.4% 18,633 91.5%
1台 50 3.1% 804 5.7% 1,364 6.7%
2台以上 5台未満 12 0.7% 118 0.8% 206 1.0%
5台以上 10台未満 9 0.6% 49 0.3% 59 0.3%
10台以上 20台未満 1 0.1% 16 0.1% 60 0.3%
20台以上 50台未満 1 0.1% 47 0.3% 23 0.1%
50台以上 4 0.2% 47 0.3% 7 0%

4.特定日発病ウイルスについて

ウイルスの被害の拡大を防止する意味から、今回は、IPA/ISEC に届出されたウイルスの中で、11月5日〜12月31日に発病する可能性がある主なウイルスを下記に掲げたので注意されたい。(参考:特定日発病ウイルス[ウイルスカレンダー]

W32/Klez  11月6日、12月6日 (毎月6日に発病)

コンピュータウイルスに関する届出制度について

コンピュータウイルスに関する届出制度は、経済産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、平成2年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシーを侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

コンピュータウイルス対策基準

  • 通商産業省告示第139号 平成 2年 4月10日制定
  • 通商産業省告示第429号 平成 7年 7月 7日改訂
  • 通商産業省告示第535号 平成 9年 9月24日改訂
  • 通商産業省告示第952号 平成12年12月28日改訂

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
(ISEC:Information technology SEcurity Center)

TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
E-mail: 電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。
相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/