HOME >> 情報セキュリティ >> ウイルス対策 >> ウイルスの発見届出状況 >> 記事

2003年第3四半期[7月〜9月]コンピュータウイルス届出状況

2003年10月6日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年第3四半期[7月〜9月]のコンピュータウイルス届出データを集計した。

1.届出件数

2003年第3四半期(7月〜9月)の届出件数は合計5,219件(内8月2,014件)となった。なお、下記グラフは、IPAセキュリティセンターが受け付けた四半期(3ヶ月)ごとの届出件数の推移を示したものである。

届出件数は2002年に比べ減少傾向にあったが、2003年8月にMSBlasterやSobigの亜種が出現し猛威を振るったため、届出件数は2003年第2四半期に比べ30%の増加となり、また実害率も倍増した。

グラフは届出件数の推移を表し、2002年4月から6月は6387件7%、7月から9月は4739件6.5%、10月から12月は4053件9.1%、2003年1月から3月は3397件5.9%、4月から6月は3969件4.6%、7月から9月は5219件11.9%を示している。
※感染被害に遭った割合。図中の%表示で表している。

2.ウイルス別届出件数

IPAに届けられたウイルス別届出件数の推移を見ると、出現してから徐々に下降していく傾向がうかがえる。また、届出件数が増加した月には、猛威を振るった新種や亜種のウイルスが含まれている。

ウイルスが蔓延している状況は継続しており、新種ウイルスが出現しても被害に遭わないよう、修正プログラムの適用、ワクチンソフトの利用など、日頃からのウイルス対策が肝要である。

グラフはウイルス別届出件数を表し、W32/Sobigは2003年1月から9月にかけて急激に増え、W32/Klezは2002年4月から2003年9月までに徐々に減り、W32/Bugbearは2002年10月に現れ、翌1月には一度減るが9月までに徐々に再度増え、W32/Fizzerは2003年4月に現れ9月までに徐々に減り、W32/MSBlasterは2003年1月に現れるや9月までに急激に増え、W32/Badtransは2002年4月から2003年9月までに徐々に減り、W32/Frethemは2002年7月に現れ、10月には急激に減るが翌4月には再度増え9月までに減ることを表している。

3.届出者の分類

届出者別の内訳は、下図のようになっており、個人ユーザからの届出は2003年第2四半期(5.7%)に比べ、MSBlasterなどの被害が拡大したことにより、約2倍の11.2%となった。

グラフは届出者別推移を表し、2002年4月から6月までは一般法人ユーザーは76.2%、教育・研究機関は5.3%、個人ユーザーは18.5%で、7月から9月までは一般法人ユーザーは74.8%、教育・研究機関は9.9%、個人ユーザーは15.3%で、10月から12月までは一般法人ユーザーは78.1%、教育・研究機関は9.5%、個人ユーザーは12.4%で、2003年1月から3月までは一般法人ユーザーは83.9%、教育・研究機関は8.2%、個人ユーザーは7.9%で、4月から6月までは一般法人ユーザーは88.5%、教育・研究機関は5.7%、個人ユーザーは5.7%で、7月から9月までは一般法人ユーザーは81.8%、教育・研究機関は6.9%、個人ユーザーは11.2%でである。

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
ISEC:Information technology SEcurity Center)

TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
E-mail:電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。
相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/