HOME >> 情報セキュリティ >> ウイルス対策 >> ウイルスの発見届出状況 >> 記事

コンピュータウイルスの届出状況について

2003年 3月4日

独立行政法人 情報処理推進機構
セキュリティセンター(IPA/ISEC)

ネットサーフィンでの被害に注意!!

1. コンピュータウイルス届出状況

情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年2月のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめた。

2月の届出件数は、1,052件(1月1,158件)であった。新種ウイルスの発生による大きな被害もなく、小康状態を保っている。

メール以外も油断は禁物!!

韓国で1月に大規模なネットワーク停止の被害を及ぼしたW32/SQLSlammerは、IPAへの届出では1月7件、2月4件に留まり、日本国内においてはそれほど大きな影響はなかった。このワームが広く報道されたことにより、セキュリティ対策への意識が高まり、セキュリティホールへの対策が実施されたと思われ、2月はW32/KlezW32/Bugbearなどのセキュリティホール悪用ウイルスの届出件数が1月より減少した。

しかし、VBS/Redlof のようにホームページを閲覧しただけで感染するウイルスや、ブラウザの設定を変更してしまうような不正なプログラムによる被害の届出や相談が増加している。例えば、下図のように表示されない部分にウイルスや意図しない動作をさせる記述があった場合、正当な記述(*1)その記述(*2)が同時に読み込まれ、予期しない動作が実行されて被害に遭ってしまうことが多い。

図はホームページを観覧しただけで感染するウイルスの仕組みを示し、ページのソース内にはHTMLの記述タグが2つに分かれ、1つ目には実際に見ることのできる表示し相当する記述がされ、2つ目の表示されない部分にはウイルスなどを実行させる命令が書き込まれていることを示している。

プロバイダ等のウイルスチェックサービスは、メール以外の経路は検査対象に含まれていないことが多いので、自分自身のパソコンにワクチンソフトやファイアウォールを導入する等の対策が必要である。

2. 今月の呼びかけ:「ネットの世界は危険がいっぱい!」
−ネットサーフィンにおける安全対策−

事例1:「友人にメールを送信したら、『VBS/Redlof ウイルスがついていたよ』と言われた」
事例2:「ブラウザを起動したら、いきなりアダルトサイトへ強制的に接続されてしまった」
事例3:「国際電話会社から身に覚えの無い請求書が届いた

IPAセキュリティセンターにはこのような届出や相談が数多く寄せられている。これらの多くは、ネットサーフィン(ホームページ閲覧)中のものである。企業・個人ユーザを問わず、ネットサーフィンは日常的な操作ではあるが、セキュリティ対策を行っていないと、思わぬ被害に遭う危険性がある。

このような被害の多くは、以下のような対策により未然に防止することができる。
(各対策の詳細は別紙参照のこと)

対策と防止できる事例
対策1:ワクチンソフトによる対策: 事例1
対策2:セキュリティホールへの対策: 事例1、2
対策3:ブラウザのセキュリティ設定: 事例1、2、3
対策4:国際電話ヘのダイヤルアップの対策: 事例3
対策5:プログラムやファイルのダウンロードは信頼できるサイトから:事例1、2、3

被害に遭ってしまったら

このような不正なプログラムをパソコン内に取り込むと、それを特定することは非常に困難であり、完全に削除できるという保証はない。万が一、このような被害にあってしまった場合は、必要なファイルをバックアップし、初期化することが最も確実である。

3. ウイルス届出の詳細

グラフは届出件数の月別推移を表し、2001年は24261件で1月は2440件で、2月は1567件で、3月は1476件で、4月は1236件で、5月は1515件で、6月は1335件で、7月は1738件で、8月は2809件で、9月は2238件で、10月は1241件で、11月は2766件で、12月は3900件を示している。2002年は20352件で1月は1439件で、2月は1439件で、3月は1460件で、4月は2012件で、5月は2410件で、6月は1965件で、7月は1781件で、8月は1756件で、9月は1193件で、10月は1510件で、11月は1408件で、12月は1135件を示している。2003年は2210件で1月は1158件で、2月は1052件を示している。

1) 2月、届出のあったウイルスは35種類であった。
(Windows/DOS ウイルス928件、マクロウイルス及びスクリプトウイルス124件、Macintosh及びUNIXウイルスは0件。)

(*) 印は今月の新種ウイルスを示す。

Windows、DOSウイルス 届出件数 マクロウイルス 届出件数
W32/Klez 439 XM/Laroux 36
W32/Sobig 110 X97M/Divi 9
W32/Bugbear 82 WM/Cap 1
W32/Lirva 49 W97M/Ethan 1
W32/Yaha 46 W97M/Marker 1
W32/Magistr 39 W97M/Nsi 1
W32/Badtrans 31 W97M/Story 1
W32/Hybris 30 XM/VCX.A 1
W32/Sircam 23 X97M/Barisada 1
W32/Nimda 21    
W32/Opaserv 18    
W32/CIH 8    
W32/Brid 6    
W32/MTX 5    
W32/Frethem 4    
W32/Funlove 4 スクリプトウイルス 届出件数
W32/Dupator 3 VBS/Redlof 69
W32/SQLSlammer 3 VBS/Haptime 2
Anti-CMOS 2 Wscript/Kakworm 1
W32/Gibe 2    
W32/Aliz 1    
W32/QAZ 1    
W32/Ska 1    

備考:件数には亜種の届出を含む

注) ウイルス名欄で、各記号はそれぞれの下記ウイルスを示す。

記号 対象ウイルス
WM MSword95(WordMacroの略)
W97M MSword97(Word97Macroの略)
XM、XF MSexcel95、97(ExcelMacro、ExcelFormulaの略)
X97M MSexcel97(Excel97Macro)
W97M/X97M/P97M MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97(Word97Macro、Excel97Macro、PowerPoint97Macroの略)
W32 Windows32ビット環境下で動作
VBS VisualBasicScriptで記述
Wscript WindowsScriptingHost環境下で動作(VBSを除く)
Solaris Solaris環境下で動作
FreeBSD FreeBSD環境下で動作
Linux Linux環境下で動作

2)届出の届出者別件数は次のとおりである。一番多い届出は、一般法人ユーザからのもので、約85%を占めている。

届出者 届出件数
2002/12  2002年合計  2001年合計 
一般法人ユーザ 867 82.4% 1,849 83.7% 15,313 75.2%
教育・研究機関 118 11.2% 178 8.0% 1,914 9.4%
個人ユーザ 67 6.4% 183 8.3% 3,125 15.3%

3)届出の地域別件数は次のとおりである。関東地方が最も多く、続いて近畿地方、中部地方の順となっている。

地域 届出件数
2002/2 2003年合計 2002年合計
北海道地方 0 0% 6 0.3% 311 1.5%
東北地方 28 2.6% 53 2.4% 534 2.6%
関東地方 711 67.6% 1,595 72.2% 12,986 63.8%
中部地方 85 8.1% 157 7.1% 1,894 9.3%
近畿地方 203 19.3% 330 14.9% 3,254 16.0%
中国地方 16 0.6% 50 0.5% 151 1.8%
四国地方 6 0.6% 12 0.5% 151 0.7%
九州地方 3 0.3% 7 0.3% 857 4.2%

4)届出から感染経路を区分けすると次の表のようになる。 海外からのメールも含めたメールにより感染したケースが最も多く、届出件数の約96%を占めている。

感染経路 届出件数
2002/2  2003年合計  2002年合計 
メール 729 69.3% 1,584 71.7% 17,107 84.1%
海外からのメール 280 26.6% 512 23.2% 2,660 13.0%
ダウンロード(※) 10 1.0% 32 1.4% 121 0.6%
外部からの媒体 14 1.3% 29 1.3% 119 0.6%
海外からの媒体 1 0% 1 0% 4 0%
不明・その他 18 1.7% 52 2.3% 341 1.7%

5)届出のあったウイルスが感染させたパソコンの台数は次のとおりである。感染台数の欄0台は、FDのみの感染またはファイルのみの感染を示し、事前の検査により、パソコンに感染する前にウイルスを発見したものである。

感染台数 届出件数
2002/12 2002年合計 2001年合計 
0台 1,037 91.3% 18,633 91.5% 19,585 80.7%
1台 84 7.4% 1,364 6.7% 3,733 15.4%
2台以上 5台未満 8 0.7% 206 1.0% 528 2.2%
5台以上 10台未満 1 0% 59 0.3% 190 0.8%
10台以上 20台未満 3 0.3% 60 0.3% 93 0.4%
20台以上 50台未満 2 0.2% 23 0.1% 74 0.3%
50台以上 0 0% 7 0% 58 0.2%

4.特定日発病ウイルスについて

ウイルスの被害の拡大を防止する意味から、今回は、IPA/ISECに届出されたウイルスの中で、3月5日〜4月30日に発病する可能性がある主なウイルスを下記に掲げたので注意されたい。(参考:特定日発病ウイルス[ウイルスカレンダー]

W32/Klez 3月6日 (毎月6日に発病)
VBS/Haptime 3月 10日、4月9日 (「月」と「日」の合計が13の時に発病)

コンピュータウイルスに関する届出制度について

コンピュータウイルスに関する届出制度は、経済産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、'90年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシーを侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

コンピュータウイルス対策基準

  • 通商産業省告示第139号 平成 2年 4月10日制定
  • 通商産業省告示第429号 平成 7年 7月 7日改訂
  • 通商産業省告示第535号 平成 9年 9月24日改訂
  • 通商産業省告示第952号 平成12年12月28日改訂

問い合わせ先:IPAセキュリティセンター(IPA/ISEC)
(ISEC:Information technology SEcurity Center)

TEL:03-5978-7508 FAX:03-5978-7518
E-mail: 電話番号:03-5978-7501までお問い合わせください。
相談電話:03-5978-7509 URL:http://www.ipa.go.jp/security/