2000年9月6日
情報処理振興事業協会

コンピュータウイルスの発見届出状況について(抜粋)

1.2000年8月ウイルス発見届出状況

 情報処理振興事業協会(略称IPA・村岡茂生理事長)は、2000年8月のコンピュータウイルスの発見届出状況をまとめた。

 ●発見届出件数

556件(先月700件、1月〜8月累計4,546件)

  ['99年8月 216件、'99年一年間3,645件(月平均約304件)、'99年1月〜8月:2,451件]  
  ['90年4月から2000年8月までの届出総数16,388件] 

 ●発見届出状況

 発見届出件数は 556件。今月の届出中、実際に感染にあったケースはわずか59件と、1割程度であった。
 感染経路は、メールによるものが90%と、ほとんどを占めている。
 届出ウイルスの種類は38種類で、5月のVBS/LOVELETTERや7月のVBS/Stagesなどのように、突出した届出件数のウイルスはない。届出件数50件以上は、VBS/LOVELETTER 84件、XM/Laroux 83件、VBS/Stages 64件、Wscript/Kakworm 54件、W32/Ska 52件と、5種類のウイルスが挙げられる。特定のウイルスに偏っていないため、従来にも増して、基本的なウイルス対策が重要となる。
 8月の新種ウイルスは、「X97M/Barisada」「W97M/Assilem」「W97M/Newhope」「W97M/Nsi」の4種類である。

2.今月の特記事項

メール機能悪用ウイルスだけでなくマクロウイルスへの注意も忘れずに

 今年に入ってからも、VBS/LOVELETTERVBS/Stagesウイルスなど、メール機能を悪用して感染を広げるウイルスが猛威を振るっている(今月届出で289件、全体の52%)。
 最近はVBS/LOVELETTERウイルス等スクリプト型のメール機能悪用ウイルスが注目を集めているが、ExcelやWordに感染するマクロウイルス(今月届出で262件、全体の47%)も忘れてはならない。今月の届出新種ウイルス4種は、いずれもマクロウイルスであり、また、今月の届出のなかで2番目に多いXM/Larouxは、99年以降の累計でも最も届出件数の多いウイルスで、Excelファイルに感染するマクロウイルスである。マクロウイルスは、通常業務においてメールの送受信等でよくやりとりが行われるExcelやWordの文書ファイルにも感染している可能性がある。マクロウイルス対策も怠りなく実施する必要がある。
 メール機能悪用ウイルスとマクロウイルスを合わせると(W97M/Melissa 6件は両方に含まれる)、今月の届出556件中545件(98%)を占めており(該当しないウイルスはW32/CIH, AntiCMOS, Form, D3, SAMPO, Stoned, MBDF のみ)、これらのウイルスを防止すれば、流行しているほとんどのウイルス感染を避けることができる。
  今月の届出中で、ウイルスを受け取った時点で発見し感染に至らなかったケースが全体の89%を占めており、適切なウイルス対策を施すことにより、感染を未然に防止できることを示している。最新のウイルス対策ソフトで検査を行うなど、ウイルス対策の基本に従って引き続き対策を確実に実施されることを望む。


ウイルス対策の基本

 ウイルスに感染していると、知らないうちに第三者にウイルスをばら撒いてしまうだけでなく、たとえ発病機能を持たないウイルスでも、感染しているだけでCD-ROMドライブへのアクセスができなくなったり、印刷ができなくなるなど思わぬ障害が発生することがあるので、ウイルス対策を継続実施することが肝要である。
 定期的にアップデートした最新のウイルス対策ソフトで常に検査を実施するなど、下記の対策並びに注意事項を参照して、ウイルス対策の基本を確実に実施されることを望む。
  「パソコン・ユーザのためのウイルス対策7箇条
  「メールの添付ファイルの取り扱い5つの心得

 また、インターネットからのダウンロードプログラムを実行して被害に遭うなどの相談が引き続き数多く寄せられているので、下記の注意事項を参照して、トラブルに遭わないようユーザ自身で気をつけることが必要である。
  「安易なダウンロードがもたらす大きな被害について


コンピュータウイルスに関する届出制度について

 コンピュータウイルスに関する届出制度は、通商産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、'90年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
 IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシー を侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

 ○コンピュータウイルス対策基準
  ・通商産業省告示第139号 平成2年4月10日制定
  ・通商産業省告示第429号 平成7年7月 7日改訂
  ・通商産業省告示第535号 平成9年9月24日改訂


今月、届出のあったウイルスは38種類であった。 届出件数の多いウイルスは、VBS/LOVELETTERが84件、 XM/Laroux が83件となっている。初めて届けられたウイルスは、 「X97M/Barisada」「W97M/Assilem」「W97M/Newhope」「W97M/Nsi」の4種類(※印)である。  (マクロウイルス、スクリプトウイルス465件、Windows、DOS、MACウイルス 91件)

マクロウイルス 届出件数 スクリプトウイルス 届出件数
 XM/Laroux 83  VBS/LOVELETTER 84
 X97M/Barisada(※) 34  VBS/Stages 64
 X97M/Divi 33  Wscript/KakWorm 54
 W97M/X97M/P97M/Tristate 25  VBS/Netlog
 W97M/Marker 18    
 W97M/Assilem(※) 17     
 W97M/Class Windows、DOSウイルス 届出件数
 WM/Cap  W32/Ska 52
 W97M/Ethan  W32/PrettyPark 24
 W97M/Melissa  W32/Fix2001
 W97M/Story  W32/CIH
 W97M/Myna  Anti-CMOS
 XM/VCX.A  Form
 WM/Wazzu  D3
 W97M/ColdApe  SAMPO
 W97M/Eight  Stoned
 W97M/Groov    
 W97M/Newhope(※)     
 W97M/Nsi(※)     
 W97M/Panther    
 W97M/Protected    
 W97M/Proverb    
 W97M/Smac Macintoshウイルス 届出件数
 W97M/Thus  MBDF

注)
 ウイルス名欄で、
  XM、XFは、MSexcel95、97で動作するウイルス。(ExcelMacro、ExcelFormulaの略)
  W97Mは、MSword97で動作するウイルス。(Word97Macroの略)
  W97M/X97M/P97Mは、MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97で動作するウイルスを示す。
  (Word97Macro/Excel97Macro/PowerPoint97Macroの略)
  X97Mは、MSexcel97で動作するウイルス。(Excel97Macroの略)
  WMは、MSword95で動作するウイルス。(WordMacroの略)
  W32/は、Windows32ビット環境下で動作するウイルスを示す。
  VBS/は、VisualBasicScriptで記述されているウイルスを示す。
  Wscriptは、WindowsScriptingHost環境下(VBSを除く)で動作するウイルスを示す。

  8月の発見届出の詳細

 

問い合わせ先:

IPA(情報処理振興事業協会)セキュリティセンターウイルス対策室

TEL 03-5978-7508 FAX 03-5978-7518 E-mail virus@ipa.go.jp