2000年6月6日
情報処理振興事業協会

コンピュータウイルスの発見届出状況について(抜粋)

1.2000年5月ウイルス発見届出状況

 情報処理振興事業協会(略称IPA・石井賢吾理事長)は、2000年5月のコンピュータウイルスの発見届出状況をまとめた。

 ●発見届出件数

900件(先月476件、1月〜5月累計2,741件)

  ['99年5月 306件、'99年一年間3,645件(月平均約304件)、'99年1月〜5月:1,551件] 

  ['90年4月から2000年5月までの届出総数14,583件] 

 ●発見届出状況

  発見届出件数は900件と、月間の届出件数で過去最高となった(今までの最高は2000年 3月の490件)。また、ゴールデンウィーク中に発見されたVBS/LOVELETTERウイルスが、1種類のウイルスの月間の届出件数として過去最高の346件となった。

 感染経路は、メールにより感染したケースが最も多く、不明を除いた届出件数の約96%を占めており、そのうち海外からのメールにより感染したケースが約60%であった。
 届出ウイルスの種類は33種類で、一番届出の多かったウイルスは、VBS/LOVELETTERが346件、 次いでXM/Larouxが104件(先月93件)、W32/PrettyParkが98件(先月139件)であった。

 5月の新種ウイルスは、「VBS/LOVELETTER」「W97M/Eight941」「W97M/Vmpck1」「W97M/Verlor」 「X97M/Manalo」 の5種類である。VBS/LOVELETTERを除く4種はマクロウイルスで、いずれも メールを悪用しての感染やファイル破壊などの機能は持っていない。

2.今月の特記事項

(1)VBS/LOVELETTERウイルス

 ゴールデンウィーク中に発見されたVBS/LOVELETTERウイルスが、1種類のウイルスの月間の届出件数として過去最高の346件となったが(今までの最高は'99年3月のW32/Ska(Happy99) の181件)、このうち、実際に添付のウイルスファイルを開いて感染被害に遭ったケースは9件で、感染パソコンの合計は19台であった('99年3月のW32/Skaの場合、添付ファイルを開いて感染被 害に遭ったケースは132件、感染パソコンの合計は253台)。346件のうち、残りの337件はメールが届いた段階で検出し感染に至らなかったケースである。
 企業が休みの間に大きなニュースとして取り上げられたため、ユーザが連休明けには注意深くメールを処理したこと、システム管理者が連休中に対処をしていたことから、大きな被害に至らなかったものと思われる。

   参考:VBS/LOVELETTERの詳細情報

(2)メール機能を悪用するウイルスの対策

 海外では、VBS/LOVELETTERに類似のウイルスや、W97M/Melissaの亜種などメールを悪用して感 染を拡げるウイルスが数多く発見されている。これらのメールを悪用するウイルスは、その差出人アドレスが知合いのアドレスである場合が多いので、怪しげな添付ファイル付きのメールは、知合いからのものこそ一層の注意が必要である。
 新種・亜種が多く出現していることから、ワクチンのアップデートを行うとともに
 「不用意に添付ファイルを実行(ダブルクリック)しないこと」
を心がける。事前にワクチンソフトでウイルス検査を行い、また送信者に問い合わせを行う等によりファイルの安全を確認することが肝要である。

メールの機能を悪用するウイルスについての概要を添付する。

(3)届出データにおける感染被害と未然防止の実状分析

 次ページの毎月の届出件数推移のグラフに、メール受信のみ等のパソコン感染前に発見し感染に至らなかった件数を分けて示した。
 今年に入って、全体の届出件数は大幅に増加しているものの、1〜5月累計では約80%がメールが届いた段階で検出されており、ウイルス対策が浸透してその効果により実際の感染被害の増加が抑制されていると考えられる。


コンピュータウイルスに関する届出制度について

 コンピュータウイルスに関する届出制度は、通商産業省のコンピュータウイルス対策基準に基づき、'90年4月にスタートした制度であって、コンピュータウイルスを発見したものは被害の拡大と再発を防ぐために必要な情報をIPAに届け出ることとされている。
 IPAでは、個別に届出者への対応を行っているが、同時に受理した届出等を基に、コンピュータウイルス対策を検討している。また受理した届出は、届出者のプライバシー を侵害することがないように配慮した上で、被害等の状況を分析し、検討結果を定期的に公表している。

 ○コンピュータウイルス対策基準
  ・通商産業省告示第139号 平成2年4月10日制定
  ・通商産業省告示第429号 平成7年7月 7日改訂
  ・
通商産業省告示第535号 平成9年9月24日改訂


 今月、届出のあったウイルスは33種類であった。届出件数の多いウイルスは、VBS/LOVELETTERが346件、XM/Larouxが104件となっている。初めて届けられたウイルスは、VBS/LOVELETTER、W97M/Eight941、W97M/Vmpck1、W97M/Verlor、X97M/Manaloの5種類(※印)である。
 (マクロウイルス、スクリプトウイルス723件、Windows、DOSウイルス177件) 

マクロウイルス 届出件数 Windows、DOSウイルス 届出件数
 XM/Laroux 104 26  W32/PrettyPark 98
 W97M/Thus 56 27  W32/Ska 46
 W97M/Marker 34 28  W32/CIH 13
 W97M/X97M/P97M/Tristate 32 29  W32/Fix2001 11
 W97M/Ethan 23 30  アンチシーモス
 W97M/Astia 31  フォーム
 W97M/Class 32  ジャンキー
 W97M/Melissa 33  ヤンキー・ドゥードル(TP44VIR)
 X97M/Divi      
10  WM/Cap      
11  W97M/Eight941(※)      
12  W97M/Myna      
13  W97M/Vmpck1(※)      
14  W97M/Chack      
15  W97M/ColdApe      
16  W97M/Footer      
17  W97M/Groov      
18  W97M/Jedi      
19  W97M/Locale      
20  W97M/Verlor(※)      
21  W97M/X97M/Shiver      
22  X97M/Manalo(※)      
スクリプトウイルス 届出件数 Macintoshウイルス 届出件数
23  VBS/LOVELETTER(※) 346   (届出なし)

 
24  VBS/Freelink 45      
25  Wscript/KakWorm 41      

注)
 ウイルス名欄で、
  XMは、MSexcel95、97で動作するウイルス。(ExcelMacroの略)
  W97Mは、MSword97で動作するウイルス。(Word97Macroの略)
  W97M/X97M/P97Mは、MSword97、MSexcel97、MSpowerpoint97で動作するウイルスを示す。
  (Word97Macro/Excel97Macro/PowerPoint97Macroの略)
  X97Mは、MSexcel97で動作するウイルス。(Excel97Macroの略)
  WMは、MSword95で動作するウイルス。(WordMacroの略)
  W32/は、Windows32ビット環境下で動作するウイルスを示す。
  VBS/は、VisualBasicScriptで記述されているウイルスを示す。
  Wscriptは、WindowsScriptingHost環境下(VBSを除く)で動作するウイルスを示す。

  5月の発見届出の詳細

 

問い合わせ先:
 

IPA(情報処理振興事業協会)セキュリティセンターウイルス対策室

TEL 03-5978-7508 FAX 03-5978-7518 E-mail virus@ipa.go.jp