HOME情報セキュリティ情報セキュリティ対策ウイルス対策ExplorerのWeb表示に関する注意事項

本文を印刷する

情報セキュリティ

ExplorerのWeb表示に関する注意事項

セキュリティパッチを当てていないと、感染したファイルを選択しただけでウイルスに感染します。

ウィンドウズのエクスプローラー画面。感染したファイルを開かなくても、選択しただけで縮小表示されてウイルスに感染してしまう。

対策(※セキュリティパッチを当てれば、行う必要はありません。)

●Windows95/98/NT

Explorerのメニューバーの「表示」

Windows95/98/NTのExplorerのメニューバーの表示からWebページを選択する。

Windows95/98/NTのExplorerのメニューバーの表示からWebページのチェックをはずす。

●WindowsME/2000

Explorerのメニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」の全般タグ

WindowsME/2000のExplorerのメニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」の全般タグから、Webの表示で従来のWindowsフォルダを使うを選択する

ウイルス対策のトップページこちらをご覧ください。